スズキ 新型ジムニーの値引きっていくらまでできるの?

新型ジムニーの値引きの相場っていくら?

2018年夏に販売された新型ジムニーは長い間にわたってモデルチェンジがありませんでした。
新型として発表されたジムニーは愛好家の中でも非常に注目されている存在です。

実際に売れ行きは好調で、新規に購入することを希望していても納期については未定な部分があり、かなり待たされてしまう可能性も否定できません。

このように人気車種になりますが、新型ジムニーを購入する際には少しでも安く購入したいと考えることも実情です。
ディーラー側に何も言わずに購入してしまった場合では、値引き額がゼロ円になり、お得に買い物を行うことができません。
少しでも安く購入することを希望しているならば、やはり営業スタッフに掛け合うことが欠かせません。

新型ジムニーの値引きの相場については、人気を覗えるように大きく値下げすることができない現状があります。
具体的な相場額については5万円から6万円程度と考えることができます。

一般的な軽自動車の場合では車両本体価格の約5%とも言われているのですが、新型ジムニーの場合では約3%程度と見込むことが基本です。
この範囲で購入できた場合では損をしない買い物を済ませることができますが、実際には営業スタッフの対応、購入者本人の交渉力によって違いが出てくる可能性も否定できないので、あくまで目安の金額と考えることが前提です。

黙っていても販売能力が非常に高い車種になるので、他の不人気車とは大きな違いが生じていることも事実です。
しかし、値引きすることは完全に無理とは言えないので、上手く交渉をしてみることが良い方法です。
5万円から6万円程度の値引きで納得できる方であれば、この範囲で直ぐに購入手続きを行うと、それだけ納車日が近くなるでしょう。
まずは、ディーラーに足を運んで新型ジムニーを目視チェックしたり試乗をした上で購入判断を行うことも間違いではありません。
簡単には算出できない内容が多く含まれているので、値引き相場はその都度条件によって判断する必要もあります。

新型ジムニーの値引きで目標金額はいくら?

新型ジムニーは前の型式が発表されてから20年もの月日を経て、待望の自動車として販売スタートしています。
オフロードに強く車高が高く設定されているので、どのような悪路でも走行できる軽自動車として高い評価を獲得してます。
新型ジムニーは基本ベースは四輪駆動車ですが、二輪駆動に切り替えを行う機能を搭載していることも注目されています。

かなりの人気があり、国内には愛好家が多数存在しており、ディーラーが用意しているオプションの他、社外品の後付け用パーツも数多くラインナップされていることも魅力に感じます。

新型ジムニーを値引きするには、目標金額は約6万円以上に設定することも間違いではありません。
相場をチェックすると6万円が限界と考えることができますが、購入する際の交渉内容によって差は生じます。

例えば車両本体は6万円の値引きを引き出し、必要に感じるオプションを購入する方法もあります。
オプション代も値引きの対象にすることで、6万円以上の値引きでも決して不可能ではありません。

具体的にフロアマットやワイドバイザー、フラップなどがオプションでありますが、全部ではなくてもいくつかのオプションを無料にしてもらう方法でも実質上の値引きを成功させられます。

新型ジムニーの購入は当然ながら新車購入になるので、納車前に車体全体のコーティングを利用したいと考える方も多いのではないでしょうか。
特に車種の特性からして、荒れた道路などを走行することが多いものなので、汚れには敏感になる必要もあります。
このコーティングをサービスとしてディーラー側から引き出すことでも値引きを行うことに成功できます。

結論からすると車両価格から6万円程度、オプション関連から2万円程度で合わせて8万円を目標にしてみることも間違いではありません。
ディーラーの決算期に交渉したり、平日の夕方以降などディーラーが暇なタイミングを利用して交渉することも効果的です。

そもそも新車の値引きっていくらまでいける?

新車を購入する場面では、多くの方が値引きを期待するものです。
自動車の場合決して安い買い物ではなく、一般的に多い傾向として自動車ローンを使って購入する方も大勢います。
少しでも安く購入することで経費面でゆとりができ、負担を軽減させることができるので、値引き交渉をしてみることは欠かせない行動ではないでしょうか。

そもそも新車の値引き額については、中古車とは異なり、大きな額面に至らないことが一般的です。
軽自動車を例にすると車両本体価格の5%程度が限界とも言われていますが、この数字は全てに当てはまることではありません。
車種によってはもっと値引きすることが可能だったり、新型ジムニーの場合では低く設定されています。

値引きについては他の条件も関係してくるので、新車を購入する際には予め調査を行うことも一つの方法です。
例えば下取り車をお持ちの場合、少しでも高く買い取ってもらうことで、実質上値引きと同じ意味合いで使うことができます。

事前にインターネットで所有している自動車の査定を行う方法で、大よその価値を判断することが可能です。
その金額を把握しながら交渉したり、若しくは高値で買取りをしている別会社に売却することでも値引きに相当するものです。

新車購入時では大きな値引きを期待して、同一のディーラー同士で交渉する方法もあります。
同じメーカーの別店舗でそれぞれ交渉を重ねてみると、販売台数が少ない店舗が値引きを大きくしてくれるという可能性も出てきます。
他社で販売をしている競合車を持ち出して交渉する方法も効果を感じられます。

最初の段階では購入を決めている意思を見せるのではなく、他社の自動車と迷っているという設定にする方法でも値引きを引き出せる場合があります。
軽自動車であれば6万円から10万円程度、普通車であれば8万円から15万円程度と覚えておくと、交渉時に分かりやすい判断を行えるのではないでしょうか。
後は会話術によっても変わるケースもあるので、強要するのではなく穏やかに明るく接してみることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です