SUZUKI クロスビー(XBEE)の売れ行きは好調! 維持費はどれくらいかかる?

維持費
燃費2WD:22.0 km/L、4WD:20.6 km/L
ガソリン代(1L/150円 10,000km)約73,000円(4WD)
自動車税29,500円
自動車保険料(任意保険料)30,000円~
自賠責保険料(1年あたり)12,260円
自動車重量税(1年あたり)7,500円
駐車場代120,000円(12ヶ月分
1年間辺りの維持費272,260円

※ココで紹介している維持費は一例です。
オイル交換などのその他諸経費などを合わせると、上記の値段以上の維持費がかかる場合もありますし、安くなることもあります。

クロスビー(XBEE)ってどんな車?

スズキのクロスビーは、SUVとワゴンの良いところを合わせたタイプの新型コンパクトカーで、2017年12月25日に発売開始となりました。

同年10月下旬の東京モーターショーにて話題となったその見た目は、ワイド版ハスラーとも呼ばれていますが、プラットフォームはクロスオーバー車イグニスと同じものを使っています。

ハスラーから引き継いだ丸目ライトで愛嬌がありながら、SUVの逞しさとワゴン特有の室内の広さを持っていることが大きな特徴です。

また、エンジンには1.0L直噴ターボにマイルドハイブリッドが付いていてミッションは6AT、駆動は2WD・4WDとありますので、街乗り、山道での力強い走り、雪道での安定感などを生かしてさまざまなシーンで大活躍が期待できる車種となっています。

内装にはハスラーを思わせるアイボリーインパネ・防汚タイプのラゲッジフロアが標準採用され、シルバーメッキシフトパネルやエアコンルーバー・撥水加工ファブリックシートなどによる上質感も魅力の一つです。

クロスビーの新車価格(車両価格)・グレードは?

新型クロスビーではHYBRID-MX・HYBRID-MZ(DSBS・後退時ブレーキサポート標準装備)の二つが基本となり、外装色はそれぞれモノトーン、2トーンルーフ・3トーンコーディネート、エンジン駆動は2WD・4WDの2種類がラインナップされています。

マイルドハイブリッドや1.0L直噴ターボエンジン搭載ということで、新車価格(車両価格、消費税込)はMXモノトーン6AT2WDでは1,765,800円から、MZモノトーン6AT2WDでは2,003,400円からとなっています。

それぞれのグレードで4WDでは142,560円が追加、全方位モニター用カメラパッケージ装着車では47,520円が追加となります。

2色や3色コーディネートを選ぶ際には43,200円が追加されますので、クロスビー最高級グレードのMZで4WD・2色もしくは3色、全方位モニターカメラ付きの新車価格は合計で2,189,160円になります。

クロスビーの乗り出し価格は?

クロスビーの車両価格は1,765,800円からとなっていますが、乗り出しには他に必要経費がかかってきます。

取得税は44,100円からでグレード・オプション品により追加され、自動車税は排気量1,000ccに対して年間29,500円(登録月により異なる)、リサイクル料金として合計10,040円、自賠責保険は36ヶ月間で35,950円、重量税は1t未満に対して24,600円などは必ずかかってくる諸費用となります。

書類申請を依頼したり、メンテナンスパックなどの追加がある場合にはさらに諸費用が必要となります。

このあたりの諸費用合計では、約25万円ほどになると考えておきましょう。

他に付属品として必需品のフロアマットで約20,000円、最初にしておいた方が良いSGコート施工・下回り防錆施工など合計で約63,000円なども含めると、クロスビーの乗り出し価格はおおよそ2,100,000円ほどになるようです。

クロスビーの燃費・税金・車検費用など維持費は?

新型クロスビーの1.0L直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッド搭載による燃費は、JC08モードで2WDでは22.0km/L、4WDでは20.6km/Lという公式カタログ記載になっています。

一年間に10,000km走行するとして、レギュラーガソリン価格120円m/Lとすると、ガソリン代は年間で約55,000円ほどになります。

平成27年度の基準を達成しているということで、力のある走りにもかかわらず低燃費走行が可能な車種だと言えます。

毎年の維持費としてあげられる税金では自動車税もありますが、総排気量が1.0L以下ですので29,500円に抑えられているのも大きな特徴の一つです。

また、自動車保険(任意、30,000円~)へ加入する人も多いです。

新車で購入すると3年後に、その後は2年ごとに車検がやってきますが、その際にかかる基本的な費用は約20,000円、必ずかかる自賠責保険料などを合わせるとおおよそ4万~5万円ほどになります。

まとめ

クロスビーは、ハスラー同様に人気車種になるような売れ行きです。

SUZUKIといえばジムニーで、ジムニーの大きいバージョンでもあるシエラは日本では売れ行きは芳しくないようですが、ハスラーでは売れ行きは好調ですので、今後も売れ続けるポテンシャルがありますね。

クロスビーで多くの人が気になっているのがリフトアップキットです。
2018年2月現在では、クロスビーのリフトアップキットは販売されていませんが、開発している会社がありますので今後、カスタマイズ性が高まって、人気に更に火がつく可能性は高いですね!

維持費も安めで、車体価格もぼちぼちといったところなので、街なかで見かけえることが増えてくるでしょう。
素人目にはハスラーとクロスビーの違いはわかりにくいと思いますが…(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です