スズキ XBEE(クロスビー)が2017年12月中に発売予定?! ハスラーの大きいバージョンで5人乗り!

XBEE スズキ

2017年の12月中に発売されるという噂があるXBEE(クロスビー)ですが、上記の画像を見てもらえれば分かる通り、ハスラーの大きいバージョンです。

2017年の東京モーターショーでも登場しているクロスビーですが、下記の動画を見てもハスラーですね!

 

軽自動車SUVとして人気のハスラーをベースに開発されているモデルです。

クロスビーは軽自動車ではなく、996ccのコンパクトSUVという大きさで、5人乗りになっています。

税金面などでは高くなってしまいますが、ボディサイズと排気量が大きくなっていますので、ハスラーよりも荷物も人数も積めるようになり、走りも充実するでしょう。

2017年は、コンパクトカートールワゴンの人気が高まっているので、コンパクトSUVとして参戦した形ではないでしょうか。

スキーやスノーボードなどの雪山に登る時にSUVというのは安心感にもなります。

当然、キャンプなどのアウトドアでも大活躍することでしょう。

ハスラーと同じように、クロスビーもリフトアップやインチアップなどのカスタムパーツがどんどん出てくるでしょうから、もしかすると、ハスラーやジムニーよりも人気が高くなる車になる可能性は十分あるでしょう。
しかし、ジムニーシエラの売れ行きを考えると、日本での人気はあまり高くならないとも考えられますね。

燃費面ではマルチハイブリッドもありますので、ハスラーと同等の燃費が期待できる可能性がありますね。

XBEEの主要スペック

全長3,760mm
全幅1,670mm
全高1,705mm
ホイールベース2,435mm
エンジンK10C型 直列3気筒 インタークーラーターボ ”BOOSTER JET(ブースタージェット)”(マイルドハイブリッド採用)
駆動方式2WD/4WD
排気量996cc
乗車定員5人

XBEEのグレード

クロスビーのグレードは、MXとMZの2種類が用意されています。
XZのほうが上級グレードとなっていて、主に誤発進抑制機能などの安全装備がプラスされています。

MXの装備

  • ブースタージェットエンジン
  • マイルドハイブリッド
  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • ESP (横滑りを防止する装置)
  • エマージェンシーストップシグナル(急ブレーキの際にハザードランプが点滅)
  • 走行モード切り替え(ノーマル・スポーツ・スノー) (4WD車に搭載)
  • パドルシフト
  • 16インチアルミホイール
  • ラゲッジアンダーボックス
  • セーフティサポートパッケージ (メーカーオプション)

MZの装備

  • SRSカーテンエアバッグ
  • フロントシートSRSサイドエアバッグ
  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 後退時ブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • LEDヘッドランプ
  • LEDフロントフォグランプ
  • クルーズコントロールシステム
  • 本革ステアリングホイール
  • 撥水加工ファブリックシート表皮
  • 防汚ライプラゲッジフロア

 

まとめ

スズキの軽自動車は、ジムニー、ハスラー、ワゴンRなど人気が高い軽自動車を多数販売していますね。

その中から、ジムニーシエラとして、ジムニーの大きいバージョンの車を販売しています。
海外では、ジムニーよりもジムニーシエラのほうが人気が高いようですが、日本での売れ行きはあまり良くないようです。

海外でジムニーシエラのほうが人気が高いのは、維持費に差がないからだそうです。
日本だと軽自動車とコンパクトカーの維持費は、年間10万円以上変わってきます。

ジムニーとジムニーシエラの場合は、室内がそこまで大きくならないということや3ドアということも売れない要因になっているかもしれないので、クロスビーが売れないとは言い切れませんが、微妙なところかもしれませんね。

しかし、最近ではトヨタのルーミーやタンクのようなコンパクトカートールワゴンの人気があることから、アウトドア好きの人にクロスビーが売れる可能性は十分ありますね。

販売が12月25日のクリスマうという噂があるようですが、正式な発表は現段階ではありませんので、期待して待ちたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です