XVの安全性能(アイサイト)が進化! 自動ブレーキや横滑り防止で運転しやすい?

https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety2.html

スバル XVは、今注目を浴びているSUV車でアウトドアやウインタースポーツを楽しむ方に人気です。
アクティブに活躍してくれるXVだからこそ安全性能が充実しておいてほしいもの。

XVにはどのような安全性能が搭載されているのでしょうか。
今回は、XVの安全性能、自動ブレーキ、横滑り防止機能についてご紹介します。

XVの安全性能は?

https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety2.html

XVはドライバーだけでなく、家族や大切な方と乗る機会が多い車。
安全に乗り続けるためにも、充実した安全性能が搭載されていてほしいでしょう。

XVには同乗者だけでなく、他の車や歩行者にも配慮した安全性能「アイサイト」が搭載されています。
アイサイトがどのような機能を果たしているのかを以下でご紹介します。

プリクラッシュブレーキ

https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety2.html

他の車や歩行者とぶつかりそうになってヒヤッとした経験をしたことはないでしょうか。

XVは他と衝突する危険を検知した場合に、ドライバーに注意を促します。
その注意にドライバーが反応しないと判断されたときは自動的にブレーキ制御を行ない、減速・停止を行なうのです。

この機能があるだけで被害を軽減することができ、他の車や歩行者への危害を避けることができます。

後退時ブレーキアシスト

https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety2.html

バックするときにXVのような大きな車では後方が確認できない場合もしばしば。
バックカメラが搭載されていたとしても、画面に映っていない障害物もあります。

もしバックするときに、後方に障害物が確認された場合はXVの後ろに装着されたソナーセンサーがそれを検知。
衝突する危険性がある場合は、ドライバーに警告表示と警報音で注意を促してくれます。
ドライバーが注意に反応しない場合は自動ブレーキが作動して衝突を回避、被害を軽減してくれるのです。

AT誤発進抑制制御

https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety2.html

予定の時間などに間に合わなくて、急いでXVにかけこみ、XVのエンジンをかけて、いざ発進するときに、前進と後進を誤る場合があります。

XVのAT誤発進抑制制御は、XVが停止している状態からXVを発進させるとき、前後に障害物があるなどでシフトレバーやペダルの誤操作を検知した場合、XVの動きを制御してくれるのです。
大きな壁はもちろんのこと、生け垣も検知してくれますので、高い機能レベルを誇っているといえるでしょう。

警報&お知らせ機能

https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety2.html

車がふらついて運転されている場合、または車線が逸脱していることが検知された場合、警報音と警告表示でドライバーに注意喚起してくれます。

また信号待ちなどで停車中、前の車が進んでいるのにもかかわらずドライバーがそれに気づいていない場合も喚起してくれる機能です。

XVは悪路や雪道でも強い?

https://www.subaru.jp/xv/xv/driving/performance.html

XVは全車4WDという特徴を生かして、悪路や雪道でも強い走行性能をみせてくれます。
積雪地域ではアスファルトだけでなく、未舗装の道を走らなければならないときもあります。
積雪時だけでなく雨が降っているときも同じことがいえますが、ドロドロでぬかるんだ道には、わだちができているときもあり、走行性能の高い車でないと走り切ることが困難です。

その条件に加えて上り坂だったとすると、より走行が難しくなるでしょう。

そのような状況の中XVを走らせると、特別なテクニックを使うこともなく、難なくクリアしてしまうほどの走行性。
そのような路面状況でXVを一度停車させ、再度発進しても力強く走り切ってしまうほどです。

さらに驚きなのが、オフロード用のタイヤを履かせているわけではなく、一般に使用されているノーマルタイヤで走行できたのですから驚きが隠せません。

XVには悪路走破用の「X-MODE」が搭載されており、タイヤが空転しないしくみになっています。
しかし今回の走行ではX-MODEを使用せずにご紹介したような走りを演出していますので、XVの走りに惚れこまない人はいないでしょう。

悪路や雪道を走るときに気になるのが、わだちを走行したときに車の底を擦らないかということ。
最低地上高が低い車の場合は車の底と悪路面・積雪面が干渉してしまい走行に支障をきたしますが、XVの最低地上高は200mmを確保しているため、XVをキズつけることなく駆け抜けることを可能にしています。

XVって運転しやすいの?運転しにくいの?

https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety0.html

XVはガソリン車の場合は快適な走行を実感できることはもちろんのこと、ハイブリッド車であっても快適な走りを演出してくれます。

通常ハイブリッド車は、モーター走行からガソリン走行に切り替わるときに加速感に変化を感じますが、XVはモーターの駆動力がそれほど大きくないため、違和感なく自然な感覚で運転することができるのです。
XVは最低地上高が200mmもあり、まさに車高の高いSUVを象徴していますが、XVの車の重心は低いところにあるためコーナリングでも不安定さを感じることなく走行することができます。

中には下り坂の先にカーブがあり、速度を落としながらコーナリングに差し掛かるような場面でも、リアの接地性が失われにくいため、確かな安定性を実感することができるでしょう。

カーブだけに限らず、横風にあおられたときに活躍するのが横滑り防止機能であるVDCです。
VDCが機能することで、ブレーキやトルク配分の制御を行なってくれるため、理想の走りを可能にしています。

VDCと連動して作動するのがABS装置です。
ABS装置はブレーキをかけたときに車輪が空転しないを防ぐ装置。

この2つの機能が連動することで、より安全にXVを走行させることが可能です。

このようにXVにはさまざまな機能が搭載されており、あなたがXVを自由に操ろうとしたときに、安全装置が働く可能性があります。

スイッチで安全装備を操作できるものもありますが、安全装置はドライバーや同乗者へ被害を軽減させるためのものですので、自由に操れないという面では楽しみを感じられないこともあるでしょう。
ただそこはケガがないように走らせることを最優先にしてください。

XVは車高が高いため前方の見晴らしもよく、全幅が1,800mmとやや大きく感じるかもしれませんが、運転がしにくい車ではありません。
オンロードであってもオフロードであっても、さまざまな機能がサポートしてくれますので、運転のしやすさを実感できます。

安全装備が充実したXVで快適なドライブを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です