スバル XVのボディカラーや内装色は? 売却するときに高い色を選ぶのもあり!

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

人気が高いクロスオーバーSUVであるスバル XV。
XVを購入するときにユーザーは自分の好きなボディカラー、内装色を選ぶことができます。

ボディカラーや内装色は、XVのイメージを象徴するものですしあなたの個性を発揮することもできるのです。
今回は、スバル XVのボディカラー・内装色についてご紹介します。

XVのボディカラーを全色紹介

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

XVのボディカラーは計10色が用意されています。

他メーカーでは、ボディカラーに有料カラーを設定し、お客様が選んだボディカラーからも課金している中、XVは計10色のうち有料カラーは何と「クリスタルホワイト・パール」の1色だけなのです。
では具体的にXVのボディカラーについてみていきましょう。

クールグレーカーキ

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

XVを思い浮かべたときに、まずイメージするボディカラーがクールグレーカーキでしょう。
クールグレーカーキはXVのイメージカラーであり、薄い水色をしています。

クリスタルホワイト・パール

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

XVの中で唯一の有料カラーとなっているのがクリスタルホワイト・パール。

課金は32,400円ですが、クリスタルホワイト・パールは車のキズや汚れを見えにくくする効果がありますので、長年に渡って綺麗なXVに乗り続けることができるでしょう。

アイスシルバー・メタリック

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

XVを製造しているスバルのイメージカラーともいえるアイスシルバー・メタリック。
明るいシルバーを表現したアイスシルバー・メタリックは、XVのユーザーの多く選択しています。

クリスタルブラック・シリカ

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

クリスタルブラック・シリカは上質のあるブラックを表現しています。
XVのようなクロスオーバーSUVにもぴったりなボディカラーです。

サンシャインオレンジ

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

XVの専用カラーとして採用されたサンシャインオレンジ。
明るく颯爽と走るイメージが強いため、走行性に優れたXVにはもってこいのボディカラーでしょう。

ピュアレッド

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

XVのピュアレッドは、情熱さ感じるボディカラーをしています。
インプレッサG4でも採用されているボディカラーですが、XVにもマッチングしたボディカラーとなっています。

ダークブルー・パール

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ダークブルー・パールはXVユーザーに人気のボディカラーです。
ブラックのような威圧感を避け、大人の雰囲気を感じたい方に選ばれています。

ダークグレー・メタリック

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

クールなデザインをしているダークグレー・メタリック。
長年乗っていても飽きがこないダークグレー・メタリックは、幅広い年齢層から人気を集めています。

クォーツブルー・パール

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html
https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

XVはブルー系のボディカラーの設定が充実しており、クォーツブルー・パールもその1つです。
ブルー系をお好みの方は、このクォーツブルー・パールと、先ほどご紹介したダークブルー・パールを比較なさってボディカラーを決めましょう。

ラグーンブルー・パール

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ラグーンブルー・パールはXV・アドバンスの専用カラー。
クォーツブルー・パール、ダークブルー・パールに加えて、またXVのイメージを一新するこのボディカラーは、未来の車をイメージさせる新しいブルー系カラーです。

XVの内装色は?

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/interior.html

XVの内装は、基本的にブラックで統一されています。
ただ同じブラックでも、XVのシート素材にはトリコットと、メーカー装着オプションとして本革シートがありますので、すべて同じブラックではありません。

またXV・アドバンスにはブルーの特別内装カラーの設定があります。

本革シートには「ネイビー/ライトグレー(ブルーステッチ)」「ブラック(オレンジステッチ)」の2つを用意。

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/interior.html

XVにスポーティさを表現したい方は「ネイビー/ライトグレー(ブルーステッチ)」、上質さをもたせたい方は「ブラック(オレンジステッチ)」を選択するのがおすすめです。

XVのボディカラーはいろいろ!あなたの好みは?

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

前述のように、XVには10種類のボディカラーが設定されていました。
ボディカラーはユーザーが自分の好みで選ぶことができ、ボディカラーでXVの表情は様変わりします。

XVのユーザーはどのようにボディカラーを選んでいるのでしょうか。

ボディカラーの特徴を見い出して選ぶ

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/interior.html

ほとんどのユーザーが思うこと、それは自分好みのボディカラーを選び、かつご自身のXVをアピールしたいということです。

ブラック系は上質さを表現することができますし、ホワイト系はXVの大きなボディを、より重厚にどっしり見せることができます。
シルバー系は長年乗っていても飽きがきませんし、ブルー系は乗っている人の心までも明るくしてくれるでしょう。

車をボディメンテナンスが頻繁に行なえるのであればブラック系やホワイト系のボディカラーがおすすめですし、あまりボディメンテナンスができない方には汚れが目立ちにくいシルバー系やブルー系のボディカラーをおすすめです。

このように多くのユーザーは、自分の好みに加えて、普段のボディメンテナンスのことを考えて、自分に合ったボディカラーを選んでいるのです。

リセールバリューを考えでボディカラーを選ぶ

https://www.subaru.jp/xv/xv/design/interior.html

ユーザーの中には自分好みのボディカラーを選ぶとともに、リセールバリューを考えてカラー選びをする方もいらっしゃいます。
リセールバリューは将来的にXVを手放す際に、ユーザーはできるだけ高くXVを買取りしてほしいと思っているものです。

車買取の際に、査定金額を左右する要素の1つとしてボディカラーがあります

車買取業者は、ユーザーから買取りしたXVを、業者オークション等で転売するのですが、その際に中古車市場で人気のボディカラーは高く落札される傾向にあるのです。

中古車市場で人気のボディカラーは、ブラック系、ホワイト系、シルバー系で、これら3つのボディカラーであれば高価買取が見込めます。
とくにXVの場合は、有料カラーとなっているのがクリスタルホワイト・パールで、このカラーの人気は中古車市場でも高いことから、車を買取りしてもらうときにも高価買取してもらえるでしょう。

人気カラーとそうでないカラーの買取金額は、100,000円ほど差がつく場合があるほどです。

将来的にXVを買取りしてもらうことを考えると、自分好みのボディカラーを選ぶだけでなく、リセールバリューのことを考えるのも1つでしょう。
車は1度購入すると長年乗り続けるものですので、さまざまな要素をお考えになってボディカラーを選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です