中古自動車査定士技能検定は講習を受ければほとんど受かるって本当?

中古車査定士

「中古自動車査定士技能検定」は、一般財団法人である日本自動車査定協会が実施している資格試験です。

中古車販売業者やレンタカー業者などに勤務する人にとっては、馴染みの資格であり、必須の資格と言えるでしょう。

資格内容としては、一般の人が車を売りに出す際に、中古自動車査定制度に基づいて、適正な中古車の査定が行えるかを見極める資格になります。

中古自動車査定士技能検定は2種類!

「中古自動車査定士技能検定」は、小型車査定士検定と大型車査定士検定の2種類があり、小型車査定士は、4トン未満の貨物車、自家用車、商用車の査定を対象とし、大型車査定士は、大型貨物車やバスの査定を対象としています。

試験の難易度としては、非常に簡単のレベルに該当します。

毎回合格率も80%~90%と高いことから、やさしい資格といえるでしょう。
試験は年に2回開催され、6月と12月に行われます。

受験資格は次の3つの条件をクリアしていることが必要となります。

  • 一つ目は、小型車であれば普通運転免許証以上、大型車であれば大型第1種運転免許以上を保有していること
  • 二つ目は、自動車の販売もしくは整備等の経験半年以上であること
  • 三つ目は協会所定の講習を修了していること
以上の三つの条件が該当します。

協会所定の口臭ではなく講習は3日間行われ、3日間受講していることが必要となります。

合格率80~90%なら誰でも受かる?!

受験資格を保有していて、日本自動車査定協会が検定試験前に実施している3日間の講習を修了し、ペーパーテストの技能検定試験に合格すれば資格を得ることができます。

講習をしっかり受ければ、試験対策も万全になるので、ほとんど受かるといっていいでしょう。

合格率80%~90%であることからもお察しいただけるように、講習を受ければ概ね受かるといっていいでしょう。

査定士として仕事をするためには、一般財団法人日本自動車査定協会が実施する『中古自動車査定士 技能検定試験』に合格し、協会に登録されることが必要なので、業界従事者は、必須の資格と言われる所以です。

まとめ

真面目に講習を聞いていれば誰でも受かるような内容になっているのでしょう。
受験資格からも、自動車の知識も必要になるでしょうから、経験が浅すぎると講習内容が頭に入らないのかもしれませんね。

車業界では必須と言われている資格なので、業界の人はとっておきたい資格ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です