査定0円でも廃車にするだけでお金になる?

廃車でもお金になる?

「どんな車でも買取します!」というような車買取店の広告を見たことがありませんか?

廃車にするような車でも買い取りますという広告は嘘のような本当の話です。

実は、車は廃車にするだけでお金になるということをご存知でしたか?
あなたがご存知でしたら、ゆっくりと戻るボタンを押してください。
もし知らないなら、廃車にするような車でもお金になる方法をご覧ください!

廃車にするには解体業者へ持っていく?!

自分で廃車の手続きをしようと考えた場合、まずは車の登録などを抹消するために「永久抹消登録」の手続きをしなければいけません。
一時的に車を使用しないという場合には、「一時抹消登録」という手続きになります。

今までは、あなたが所有しているという記録が陸運局にありましたが、その登録を抹消するためにナンバープレートの返却と必要書類の提出が必要になります。

この「永久抹消登録」を行っていないと、車検が切れて乗れない状態になっていたとしても、あなたは自動車税を支払わなければいけなくなりますので注意しましょう。

車の処分事態は解体業者が行ってくれるのですが、「永久抹消登録」は解体業者が行ってくれない場合もありますので事前に確認して置かなければいけないことです。
「永久抹消登録」が行われなければ、自動車税の請求が来ても拒否することができなくなってしまいます。

また、ディーラーなどに廃車の手続きを代行してもらうことになると「代行手数料」がかかってしまいますので、できればあなたがやったほうが良いでしょう。

解体業者は車を買ってくれる?!

廃車にする場合には解体業者のところで車を処分してもらいます。
「永久抹消登録」する前に解体業者のところへ車を持っていかないとレッカー代がかかってしまいますので注意しましょう。

解体業者は車としてではなく、鉄として車を買い取ってくれますので、走らなくなったような車でも0円ということにはなりません。
しかし解体業者によって値段が上下することは考えられるので、事前に解体業者の買取価格を比較するともっと良いでしょう。

自動車税や自賠責保険のお金を返してもらう!

車検がたくさん残っている車でしたら、自動車税や自賠責保険を還付してもらうことができます。

乗らなくなった期間の自動車税や自賠責保険を還付してもらうことで、解体業者から買取ってもらった金額と別に税金と自賠責保険の還付金が発生します。

車買取店が乗れない車でも、1万円~買取してくれるというのは、廃車になったとしても1万円以上のお金になる可能性があるため、1万円でも買取してくれるのです。

リサイクル料金はどうなるの?

車を購入する際に支払っているリサイクル料金は、車を解体する場合には戻ってきません。

しかし、あなたが車買取店へ売却した場合、リサイクル料金は戻ってきます。

リサイクル料金は、車を解体することに決めた最終所有者が支払うお金になっているため、車買取店へ売却すればリサイクル料金はあなたに支払わなければいけません。

あくどい車買取店だと、「査定金額に含まれています。」ということになるでしょう
リサイクル料金は1万円前後かかります。
大きい車になればなるほどリサイクル料金は高くなっていますので、2万円近い値段になってきます。
0円だと思っていた車を車買取店に売却するだけで、2万円近いリサイクル料金が還付されると考えると大きいですので、きちんと確認してください。

まとめ

あなたが自分で車を処分しても十分お金になることは理解していただけたと思います。

しかし、あなたが処分するとなると「永久抹消登録」は平日に手続きを行わなければいけません。
役所仕事なので、土日祝日は休みですので、平日にお仕事で忙しい方は行くことができないでしょう。

そういった手間もあるので、車買取店へ売却してしまうのが一番手っ取り早いですし、手間もかからないと思います。

ですので、解体するような車でも車買取店へ売却して、何万円かもらったほうが手間もかからないのでオススメですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です