中古車は10万キロを超えると壊れやすい?

10万km走った車

「安くていい車を探しているんですけど…。」
安い中古車を探していると、目につくのが10万km超の中古車ですね。 10万kmとなると一つの目安というか区切りというか、10万kmで車を乗り換えるという人も多いです。

「10万km走ると、もう危険なんですか?」
という質問が多いので、少し考えてみよーってことで色んな状況を思い浮かべてみました!

車は走れば走るほど、壊れる確率は高くなる?

車だけではなく、何でも古くなるとボロが出てきます。

これは仕方がないことです。寿命がありますからね。 ですが、10万kmだからといって、寿命だということもありません。

  1. オイル交換やメンテナンスを定期的に行った車
  2. メンテナンスは車検時のみの車

単純に上記の2台を比べると、まったく違います。 メンテナンスをしなければ、車へのダメージは大きくなります。

特にオイル交換をマメに行わない車は、エンジンへのダメージが大きくなっています。 オイルがエンジンにベットリとこびりつきます…。

要するに、マメに点検している車、大切に乗っている車は10万km以上走ります。

20万km走る車はいくらでもあります。
トラックやタクシーは50万kmでも走っているそうです。

結論としては、10万km超だからといって、壊れやすいとは言い切れません。

中古車は大切に乗られたか分からない

20万km走る車があるとは言ったものの、結局のところ、大切に乗っている人だから20万km走れるのです。

あなたが、10万kmで買ったとしても20万km走るかというとわかりません。 前のオーナーの乗り方によっても変わってきますから。

で、失敗しない10万km超の車を買うポイントは、個人的に思いつくのが一つだけあります。

ワンオーナー車です。

『ワンオーナー=10万kmも車を大切に扱っている』 これしか無いと思います。

2人以上の人が車に乗っているとすれば、「中古車だからいっか。」というオーナーがいてもおかしくありません。

「中古車=壊れても仕方がない」と思っている人はいますからね。

ですので、10万km前後の車を買う場合は、一つの目安としてワンオーナー車が良いと思います。 それでも壊れるときは壊れるので、最低でも一年保証が付いている車を買うことも大きなポイントですね。

まとめ

  • 20万kmまで走っている車はある
  • 大切に乗っている車は壊れにくい
  • 10万km超の中古車買うなら、ワンオーナー車
  • 壊れるときは壊れるので、最低でも一年保証を付けてもらう

この辺を守っていれば、いい車に出会う確率が断然上がりますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です