プラグインハイブリッド(PHV・PHEV)とは? 充電できるハイブリッド車

プラグインハイブリッドの前に、ハイブリッドカーを簡単に説明すると2つの動力を持った車のことです。

現在、販売されているハイブリッドカーはガソリンで走る従来のエンジンと走りながら充電しているモーター(電動機)の2つを搭載しています。

では、プラグインハイブリッドとはどういった車なのかというと、搭載しているバッテリーをコンセントから充電できる電気自動車+ガソリンエンジンを搭載した車です。

充電している電気から使うことで、ガソリンをほとんど使いませんから電気代だけで走ることも可能です。
また、電気が無くなったとしてもガソリンで電気を充電しながら走ることができるので、充電施設がない地域でもガソリンさえ入れておけば安心して走ることが可能です。

電気自動車といえば、日産のリーフですが、2017年11月現在では航続距離が400kmと増えていますが、家に充電スタンドを用意していない場合や充電スタンドがなければ電気がなくなると不安になりますね。
特に、長距離を走ろうと考えている場合、知らない地域にはどこに何があるのかもわからない状態なので、ちょっと不安になるのではないでしょうか。

プラグインハイブリッドは、電気自動車の良い点とガソリンの安心感を併せ持った車だと言うことですね!

プラグインハイブリッドはどういう仕組み?

プラグインハイブリッドは、ハイブリッド車の次世代のエコカーとして注目されています。

「100%電気自動車にすればいいじゃん?」と言われるかもしれませんが、100%電気自動車のデメリットは自宅に充電スタンドを作れない賃貸に住んでいる人が購入できない(絶対にできないわけではないですが…)ということでしょう。

プラグインハイブリッドでしたら、バッテリーに充電がないとしてもガソリンで走ることができるので、賃貸に住んでいる人でも充電スタンドを作れない人でもプラグインハイブリッドを堪能できるということです。

プラグインハイブリッドは、基本的には電気自動車として走ることができます。
CO2の排出がゼロですので環境にも良いですし、音も静かですので快適です。
また、ガソリンで走るときにも充電しながら走るハイブリッドモードになりますので、燃費も良いです。

最新のプリウス(2017年11月現在)には、太陽光で充電できるように太陽光パネルをルーフに取り付けることが可能です。
屋外に駐車している人は、太陽光で充電できるので、晴れの日はいつでも充電しながら走れるということです!

PHVのコアテクノロジー
出典:TOYOTA HP http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/environment/phv/

プラグインハイブリッドのメリットとは?

プラグインハイブリッドの一番のメリットは、燃費が良いということでしょう。
自宅に充電設備を作っておけば、買い物程度でしたら、電気だけで十分走ることができるでしょう。

また、CO2を抑えることができるので環境にも良いですし、電気で走行している時には静かですので騒音も気になりません。

TOYOTAは2050年にはエンジン車をなくそうという考えで、HVやPHV、EVの開発を進めています。

新型プリウスPHVの場合(2017年現在)、68.2km電気で走行することができるようになったので、買い物や送り迎え程度でしたら、ほぼEV車と言っても良いでしょう。

外出先でも専用充電スタンドがありますので、長距離を走ろうと考えている場合でも、事前に充電スタンドを調べておけば、ガソリンを使わなくても長距離の移動は可能です。

また、災害時などに車に充電している電気を家で使うこともできます。
充電がなくなっても、ガソリンで電気を作ることはできるので、停電になったときにでも必要最低限の電化製品を使うことができるのはありがたいですね。

プラグインハイブリッドのデメリットとは?

プラグインハイブリッドのデメリットは、現状では値段が高いということでしょう。

仮に、プラグインハイブリッドとガソリン車の車体価格が100万円違うとした場合、いくら電気で走ると言っても100万円分のガソリン代の元を取れるかというと、10年以上かかってしまう計算になります。

また、ガソリンは使わなくても電気代はかかっていることは忘れてはいけません
とは言え、1回の充電にかかる電気代は、約300円程度と言われています。
充電の残量によっても値段はかかりますし、夜間割引で安くなることを考えるとガソリンよりは断然安いでしょう。

ですので、ガソリン代を節約するという理由で買おうと検討している方は、もっと安いガソリン車やハイブリッド車を購入したほうが良いといえます。

PHVとPHEVの違いって何?

PHVとPHEVの違いはありません。

どちらもプラグインハイブリッドということです。

TOYOTAのプリウスは「プリウスPHV」と販売されていますが、三菱のアウトランダーは「アウトランダーPHEV」という名前で販売されています。

細かく言うと、PHVは「plug-in hybrid Vehicle」という名前でプラグインハイブリッド車。
PHEVは「Plug-in Hybrid Electric Vehicle」という名前でプラグインハイブリッド電気自動車。と言います。

PHVは、ハイブリッドよりのコンセプトで作られているようで、PHEVは電気自動車よりのコンセプトで作られているようです。

しかし、どちらもエンジンを積んだ電気自動車ということなので、大きな違いはないといえます。

災害時や停電時にも家の電気として使える【V2H】

アウトランダーPHEVの良いところは、停電や災害時に家庭の電気として使うことができるという点です。

アウトランダーPHEVは、プラグインハイブリッド車として世界で初めて、車で貯めた(作った)電気を家に送り込むことを実現しました。
これを「V2H(Vehicle to HOME)」と言います。

一般的な家庭の電力量の最大10日分を作ることができるので、台風や地震で停電になったとしても、電気の復旧まで電気を作ることができるので安心です。

アウトランダーPHEVは、TVやノートパソコン、ドライヤーや電子レンジまでも使うことができるので、ご飯を作ることもできますし、テレビを見ることもできるのでローソクで生活しなくて良いので安心ですね。

オール電化の家なら、停電中でも不自由なく電気を利用することが可能でしょう。(節約は必要になるでしょう。)

また、ガソリンを入れることで、半永久的に電気を作ることはできるので、ガソリンスタンドさえ開いていれば、停電が怖くなくなります。

アウトランダーPHEV V2H

 

 

まとめ

PHVやPHEVを購入したいと考えている人で、「ガソリン代を節約できるかな?」ということを考えて購入を検討している人は、まだ値段が下がるのを待っておいたほうが良いでしょう。

あくまで、趣味の車として購入したり、誰も持っていないし最先端テクノロジーが大好きという人は購入しても良いかと思います。

燃費だけで考えても、元を取るのに時間がかかってしまいますが、車中泊をしたりキャンプをしたりして、屋外で電気を使う機会が多い人やいざという時のための備えとしても考えている人には良い車です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です