車で事故ったときの慰謝料の相場を知りたい?弁護士に相談するだけで倍以上貰える?

車で事故を起こしてしまったときには任意保険(自動車保険)の保険会社の方におまかせしてしまうので、どれくらいの慰謝料を払っているのかわからないと思います。
事故ったときには保険料が上がるだけですが、事故られて後遺障害や仕事を休まなくてはならなくて、収入がなくなってしまったときには、できるだけ多くのお金を貰いたいものですね。

事故の被害者になった時に、あなたが話すのは保険のプロである任意保険(自動車保険)の電話オペレーターの方です。素人のあなたが何の知識もなく太刀打ちできる相手ではありません。

また、保険会社側が考えている慰謝料の相場と弁護士が考えている慰謝料の相場は倍以上の差があります。
あなたに知識がなければ、交通事故専門の弁護士さんに相談することをオススメします。

 

事故の被害者になった時に弁護士に相談したほうが良い人とは?

ただ、コツンと当たっただけの事故だったら弁護士さんの助けは必要ありません。
人身事故でない場合には、過失割合が不公平だと感じた場合には、弁護士さんに相談した方がいいでしょう。交渉に成功するという確約はもらえないと思いますが、状況によっては過失割合を交渉してあなたよりになる可能性があります。

主に下記のような人は弁護士さんに相談したほうが良いでしょう。保険会社の方との話し合いも難しい事故や人身事故になれば面倒なことが多くなってきますので、少しずつ不利になってくることも考えるとプロの弁護士さんに任せたほうが楽ですし、あなたも損しないと思います。

  • 後遺障害等級が認定されている方
  • 後遺障害等級に不満がある方
  • 調べてみると慰謝料の額が少ないと感じた方
  • 弁護士特約に入っている人
  • 相手方が弁護士を雇っている時

弁護士事務所は無料相談を受け付けていることが多いです。弁護士に事故の状況や過失割合などを話すだけで、「お金になる」と弁護士の方が感じたなら弁護士さんにおまかせしたほうが良い結果になるでしょう。逆に渋っている場合には、あまり期待できないと思いますので、あなたの財布次第といったところです。

後遺障害等級が慰謝料の大部分を締めている

後遺障害等級には、一定の基準が定められていますが、保険会社からすればお金を払いたくない立場ですので、できるだけ等級を下げようとしてきます。弁護士紹介サイトさんのサイトからちょっとお借りしました。下記の表を見てもらえれば一目瞭然です。

後遺障害等級 一覧

出典:https://jico-pro.com/columns/14/

裁判所の基準と、任意保険・自賠責保険の基準がぜんぜん違うことがわかります。また、等級が一つ上がるだけでも慰謝料の値段が倍以上になることだってあります。
あなたが後遺障害が認定されたとしても、何等級かということはわからないと思います。ココだろうと保険会社に交渉したところで、あなたは素人ですから上手いこと言いくるめられるでしょう。

こういったときには交通事故専門の弁護士さんに頼むと、色んなケースを知っていますし、14等級が7等級にアップしたという例もあるそうです。

慰謝料の他に治療費がもらえる

怪我を完治させるまでの入院や通院の費用は当然相手方が払ってくれます。その他にも入院や通院に対しての慰謝料があります。その計算方法をご紹介します。

自賠責保険や任意保険の基準としては、1日あたり4200円となっていて、計算方法が2つあります。どちらか少ない方を選ぶことになっています。

  • 完治までにかかった日数
  • 完治までに通院・入院日数×2

例えば、完治までの60日間かかったとします。その間の通院が20日間だとすると「20×2 < 90日」なので通院した20日間×2で、『40日×4200円=168,000円』が採用されることになっています。

「事故を起こしたら病院に行け」という先輩がいましたが、こういうことだったのですね。

完治するまでにかかる日数で慰謝料を払えばいいのに、少ない方を選ぶということからお金を払いたくないということがわかります。もうちょっと被害者を助けるような制度になってくれると良いのですが。

休業手当も出る

ちなみに、仕事を休まなければいけなくなった場合、給料が出ないときには保障してくれます。会社のサインが必要になりますが、キチンと支払ってくれますので安心して下さい。
ただし、過失割合が8:2の場合、8割の給料しかもらうことができないので多少損することになりますね。

弁護士に相談して、過失割合を9:1にすることができれば助かりますね。

任意保険(自動車保険)を見直して弁護士特約に加入しておく

任意保険に加入する時に、できるだけ節約したいので細かい特約を無くしている人も多いかと思いますが、弁護士特約だけには加入しておくことをオススメします。
というのも、昔、事故で8:2くらいの事故の被害者になりました。弁護士特約に入っていませんでしたので、私個人で対応していたのですが、後遺障害の14等級になるだろうという、病院の先生のアドバイスの元交渉していたのですが、最終的には認められませんでした。

弁護士特約に入っていれば、弁護士費用は出ますし(上限あり)、弁護士さんも後遺障害認定になればお金が入ってくるので頑張ってくれると思います。そのこともありましたので、現在では、弁護士特約は入っています。大した金額ではないので弁護士特約は入っておくことをオススメします。

「弁護士費用くらい払えるよ!」と思っている方もいるかもしれませんが、長引けばそれだけ費用がかかりますので、100万超えとかも考えられます。そこまで払える自身がない方は弁護士特約は入りましょう!

まとめ

慰謝料の相場は、弁護士側の相場を見てもらえれば分かる通り、保険会社や自賠責保険側からするとかなり安く見積もっています。
被害にあった立場からすれば、もらえるものはもらっておいたほうが特です。今が良くても、長い人生を考えると体に後遺症が出てくる可能性も考えられます。
弁護士特約に入っていない場合には、任意保険(自動車保険)の見直しも考えてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です