三菱 新型デリカD:5のライバル車はミニバン?SUV? ヴェルファイアとプラドと比較してみた

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/

三菱自動車は、2019年2月15日にビッグマイナーチェンジを果たした新型デリカD:5を販売し始めました。
新型デリカD:5はSUVの要素とミニバンの要素をもった車であることから、ライバル車種が多いですが、SUV・ミニバンをねらっているターゲットの多くが新型デリカD:5を視野に入れているでしょう。

ここでは具体的に新型デリカD:5のライバル車であるトヨタ・ヴェルファイアとプラドを取りあげます。

そこから今回は、新型デリカD:5のライバル車はミニバンなのかSUVなのかについてみていきましょう。

新型デリカD:5とミニバンのライバル車(ヴェルファイア)と比較

https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

まずはミニバンの中でも多くの売り上げ台数を誇っているヴェルファイアを比較していきます。

新型デリカD:5とヴェルファイアの比較

新型デリカD:5新型ヴェルファイア
新車価格2,213,000~4,298,000円3,000,000~15,141,000円
中古車価格189,000~5,216,000円598,000~7,880,000円
ボディタイプミニバンミニバン
ボディサイズ全長4,730~4,800mm
全高1,825~1,875mm
全幅1,795mm
全長4,850~4,935mm
全高1,870~1,950mm
全幅1,830~1,850mm
室内サイズ室内長2,915~2,980mm
室内高1,310mm
室内幅1,505mm
室内長2,860~3,210mm
室内高1,325~1,400mm
室内幅1,585~1,590mm
乗車定員7~8名4~8名
排気量2,000~2,400cc2,400~3,500cc
WLTC総合燃費モード12.6km/L
JC08燃費モード10.6~13.6km/L8.9~12.4km/L
燃料タンク容量64~66L65~75L
動力源ガソリンエンジン
ディーゼルエンジン
ガソリンエンジン
ハイブリッド
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
軽油
ハイオクガソリン
レギュラーガソリン
駆動方式FF、4WDFF、4WD
最小回転半径5.4~5.7m5.6~5.9m
衝突防止装置標準装備標準装備、オプション
衝突軽減装置標準装備標準装備、オプション
車間距離制御システム標準装備標準装備、オプション
レーンアシスト標準装備、オプション

新車価格はヴェルファイアのほうが高く、新型デリカD:5はお手頃な価格で購入することが可能です。

ボディサイズと室内寸法は、新型デリカがコンパクトなサイズになっているため、取り回しが効きやすいといえますし、最小回転半径も新型デリカD:5のほうが小さいですので、運転しやすいでしょう。

乗車定員は新型デリカ、ヴェルファイアともに、ミニバンの強みである7~8名乗りで、ゆったりと車内で過ごすことが可能です。

燃費については、ヴェルファイアより排気量の小さい新型デリカD:5のほうが良くなっています。

安全装備は、新型デリカD:5にも充実した装備が搭載されていますが、ヴェルファイアにはレーンアシストが搭載されているように、安全性能ではヴェルファイアのほうが充実しているといえるでしょう。

新型デリカD:5とSUVのライバル車(プラド)と比較

https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/?padid=ag341_from_prado_navi_exterior

次に、SUV人気が高まる中、トヨタが力を入れて販売しているプラドについてご紹介します。

新型デリカD:5とプラドの比較

新型デリカD:5新型プラド
新車価格2,213,000~4,298,000円1,990,000~5,363,000円
中古車価格189,000~5,216,000円450,000~6,363,000円
ボディタイプミニバンSUV
ボディサイズ全長4,730~4,800mm
全高1,825~1,875mm
全幅1,795mm
全長3,945~4,825mm
全高1,835~1,915mm
全幅1,690~1,885mm
室内サイズ室内長2,915~2,980mm
室内高1,310mm
室内幅1,505mm
室内長1,735~2,600mm
室内高1,195~1,265mm
室内幅1,385~1,565mm
乗車定員7~8名5~8名
排気量2,000~2,400cc2,400~4,000cc
WLTC総合燃費モード12.6km/L
JC08燃費モード10.6~13.6km/L7.9~11.8km/L
燃料タンク容量64~66L87~90L
動力源ガソリンエンジン
ディーゼルエンジン
ガソリンエンジン
ディーゼルエンジン
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
軽油
ハイオクガソリン
レギュラーガソリン
軽油
駆動方式FF、4WD4WD
最小回転半径5.4~5.7m5.1~6.1m
衝突防止装置標準装備標準装備
衝突軽減装置標準装備標準装備、オプション
車間距離制御システム標準装備標準装備、オプション
レーンアシスト

新車価格では、プラドのほうが安く購入できることがメリットでしょう。

SUVのデメリットになるのが、ボディサイズと室内寸法の小ささです。
SUVは雪道・悪路であっても力強く走ることができる特長をもっていながらも、ボディの形状から乗車定員が最大8名であっても、どうしても窮屈感は否めません。

また燃費性能については、排気量が大きいプラドのほうが悪くなっています。
新型デリカの場合はFFを選択すれば燃費の向上が見込めますが、プラドは4WDの設定しかありません。

安全装備は、新型デリカD:5は全グレードで標準装備となっていますが、プラドの場合はグレードによってオプション設定となっているため、新型デリカD:5のほうがどのグレードを選択しても安心してドライブできるといえるでしょう。

新型デリカD:5はSUVとミニバンのいいとこ取り?!

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

この記事では、新型デリカD:5と、ミニバンのヴェルファイア、SUVのプラドを比較しました。

ミニバンは、広い車内空間で最大8名までがゆったりと車内で過ごせるという特長があり、ファミリー層からの支持が高いです。
SUVは、最近人気のボディ形状をしている車で、走破性に優れているだけでなく、スタイリッシュさや高級感を主張することができるというところから人気が集まっています。

SUVは基本的に5名乗り設定のものが多いですが、今回新型デリカD:5と比較したプラドや、マツダCX-8のように、7名に乗りのSUVも増えてきているのです。
新型デリカD:5は、最大8名まで乗車することを可能にしているだけでなく、SUVの特長である雪道・悪路の走破性に優れていることはいうまでもありません。
デリカD:5はダカールラリーというオフロードのレースに出場した経験をもっており、ほぼノーマル車の状態でレースを乾燥している実績をもっています。
前モデルのデリカD:5のテレビCMにもあったように、勾配の大きい坂道であっても難なく乗り越えていくほどのエンジン性能を有しているのです。

このように新型デリカD:5は、ミニバンの要素だけでなく、SUVとしての要素ももっていることから、ミニバンのような広い車内空間を手に入れたい、プラスして雪道・悪路であっても力強く進んでいける車がほしいという方がお求めになっています。

最近では迫力のあるフロントマスクをした車が多く販売されていますが、新型デリカD:5もド迫力を演出したスタイルに一新して、2019年2月15日に登場しました。
新型デリカD:5は、普段のあなたの移動はもちろんのこと、遠出やウインタースポーツ、サマースポーツでも大いに活躍してくれること間違いなしです。

まとめ

今回の記事を参考に、新型デリカD:5とヴェルファイア、プラドを比較していただき、ミニバンとSUVの要素をいいとこ取りした新型デリカD:5の購入を、ご検討なさってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です