新型デリカD:5のメーカーオプションやディーラーオプションは?リフトアップキットは?

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/index.html

雪道も悪路も力強く走破する新型デリカD:5が2019年2月15日に販売開始しました。
エクステリア・インテリアともに大きく一新した新型デリカD:5。
新型デリカD:5を購入するときは、合わせてメーカーオプション・ディーラーオプションを装着したいものです。

今回は、新型デリカD:5のメーカーオプションやディーラーオプションにはどのようなものがあるのか、リフトアップキットは用意されているのかについてご紹介します。

新型デリカD:5のメーカーオプションをまとめました!

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/interior/

新型デリカD:5には複数のメーカーオプションの設定があります。
メーカーオプションは新型デリカD:5購入時に装着しておかなければ、基本的に後付けするのが難しいものもありますので、新型デリカD:5を契約する前にどのメーカーオプションをつけるか、十分に検討なさってください。

では具体的にどのようなメーカーオプションがあるのかみていきましょう。

BSW/LCA(後側方車両検知警報システム・レーンチェンジアシスト機能付)

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/utility/uti_03.html

G-Power Packageのメーカーオプションです。

死角になりやすい斜め後方や、隣レーン後方から近づいてくる車をリアの電波式レーダーが検知。
危険を検知したときはドアミラーインジケーターの点灯で警告します。

RCTA(後退時車両検知警報システム)

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/utility/uti_03.html

G-Power Packageのメーカーオプションです。

駐車場などでバックして出庫するときに近づいてくる車があった場合、リアの電波式レーダーがそれを検知。
警報ブザー、インフォメーションディスプレイの表示、ドアミラーインジケーターの点滅でドライバーに注意喚起します。

運転席パワーシート

G、Mのメーカーオプションです。

運転席の座席位置を電動で調整することができます。
運転席パワーシートは、次にご紹介する運転席・助手席シートヒーターとセットオプションです。

運転席・助手席シートヒーター

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/utility/uti_03.html

G、Mのメーカーオプションです。

シートヒーターは、寒い時期に車内が暖まる前にシートが暖かくなりますので、暖房が効く前でも快適に過ごすことができます。
このメーカーオプションは、先ほどご紹介した運転席パワーシートとセットオプションです。

本革シート(7人乗りのみ)

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/utility/uti_03.html

P、G-Power Package、Gのメーカーオプションです。

フロントシート、セカンドシートの座面・背もたれ面、サイドサポート部内側、サードシートの座面・背もたれ面中央に本革が使用されており、車内の高級感が漂います。
Gについては、先ほどご紹介した運転席・助手席シートヒーターとの同時装着が必要です。

マルチアラウンドモニター・自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)セット

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/utility/uti_03.html

G-Power Package、Gのメーカーオプションです。

視認性が広がることで、より安全を確保することができます。

DELICA D:5 オリジナルナビ取付パッケージ

全車に装着可能なメーカーオプションです。

ナビがあることで道に迷うことなく、スムーズにドライブすることができるでしょう。
合わせて後席用モニター取付パッケージも用意されています。

新型デリカD:5のディーラーオプションをまとめました。

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/utility/uti_01.html

新型デリカD:5のディーラーオプションは、オーディオに設定されており、全車に装着可能となっています。

DELICA D:5オリジナル10.1型ナビゲーションは、新型デリカD:5専用のナビです。
また後席を快適に過ごすための11.5型後席用モニター(ルーフ取付タイプ)プラズマクラスター付、 10.1型後席用モニター(ルーフ取付タイプ)を用意。

前述のメーカーオプションにありました「DELICA D:5 オリジナルナビ取付パッケージ」と後席モニターを併用する場合は、同時にディーラーで取付作業をしてもらうことで、工賃が安くなったり、取付作業のために何度も車をディーラーに預ける必要がなくなります。

またディーラーオプションにはETC車載器の用意もありますので、有料道路を使用する際もスムーズに料金所を通過することが可能です。
ETCを装着する際は、ナビなどを設置するときに一緒に取付作業してもらうと効率的です。

このように電装系の作業がある場合は、取付工賃や取付時間を短縮するためにも同時の取付依頼をおすすめします。

新型デリカD:5のリフトアップキットは?

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o310097188

新型デリカD:5は雪道や悪路の走破性も十分に備わっている1台であることは言うまでもありません。
新型デリカD:5の前モデルも、ほぼ純正の状態でダカールラリーを制覇したほどです。
より雪道や悪路の走破性を上げるためにリフトアップ施工されているデリカD:5を目にします。

残念ながら三菱メーカーは新型デリカD:5のリフトアップキットを販売していませんので、リフトアップを試みる場合は社外品のリフトアップキットを装着する必要があるのです。

リフトアップすることで、見た目がカッコよくなりますし、雪道・悪路の走行が楽しめるほか、車高が高くなることから運転がしやすくなります。
ただトンネルなど高さ制限のあるところでは注意が必要ですし、車そのものの安定性は悪くなるのです。

リフトアップキットを装着することで、2インチ、4インチ、6インチのアップが可能で、装着にかかる費用の相場は100,000~400,000円程と幅があります。

リフトアップキットをつけると車検に通るのかが気になりますが、純正の高さから4cmまでのリフトアップであれば保安基準に適合しているため、車検に合格することができますし、ディーラーで整備・点検を受けることも可能です。
しかし2インチ以上アップするときは5cm以上のリフトアップとなりますので、構造変更の届出をしなければなりません。

これまでのデリカD:5でもリフトアップされている方は多くいらっしゃいます。

保安基準に適合した4cmまでのリフトアップでは純正の車高とほぼ変わりませんので、構造変更の届け出を陸運局にして、5cm以上のリフトアップをされている方もいるのです。
リフトアップキットの装着をお考えの方は、専門的な知識や技術をもったデリカD:5専門店もありますので、安全に装着してくれるショップで取り付けしてもらいましょう。

まとめ

今回の記事を参考に、新型デリカD:5のメーカーオプションやディーラーオプションについて知っていただき、リフトアップキットはデリカD:5専門店で相談・購入してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です