三菱 新型デリカD:5を買うならガソリン車とディーゼル車のどっちがお得?

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

2019年2月15日に、マイナーチェンジされた新型デリカD:5が販売開始されました。
フルモデルチェンジと思われるほど一新した新型デリカD:5には、ガソリン車とディーゼル車の2種類が用意されています。

新型デリカD:5を購入するときに、どちらを選べばいいのか迷われる方が多いでしょう。

今回は、新型デリカD:5を買うならガソリン車とディーゼル車のどちらがお得なのかをご紹介します。

新型デリカD:5のガソリン車とディーゼル車の内装や外装、装備などの違いは?

ここではガソリン車とディーゼル車を徹底比較していきます。

内装の違い

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/interior/

ガソリン車では、スムーズな加速性能を実現できるCVTがトランスミッションに採用されており、力強いエンジンブレーキを作動させるためのDsレンジが設けられています。
それに対してディーゼル車は8速スポーツモードATがトランスミッションに採用されているため、Dsレンジはありません。

その他、新型デリカD:5には、冬場の寒い車内を早く暖める機能としてスタートアップヒーターが搭載されているのですが、この装備がディーゼル車には前席と後席に装備されており、ガソリン車は4WDの後席のみに装備されているのです。

このようにガソリン車とディーゼル車では内装の違いがあることが分かります。

外装の違い

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/special/features/

新型デリカD:5は2019年2月15日にビッグマイナーチェンジによって、ディーゼル車とガソリン車の外装が大きく異なりました。

ガソリン車は前モデルと同じような面持ちをしていますが、ディーゼル車はシャープなヘッドライトを搭載したデザインに一新されたのです。
ディーゼル車の外装は威圧感を覚えるようなデザインになりましたが、オフロードをより強く走る雰囲気を漂わせています。

装備の違い

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/index.html

ガソリン車とディーゼル車では、ディーゼル車のほうが最新装備が搭載されています。

例えば安全装備においては、ディーゼル車のほうが最新の装備を数多く標準装備しているのです。
ガソリン車もディーゼル車も、多彩な装備を搭載していることに変わりはありませんが、ディーゼル車のほうがより安全・安心に乗ることができるでしょう。

新型デリカD:5のガソリン車のメリットは?

この記事をお読みになっている方は、ここが一番気になるはず。
ここではガソリン車のメリット・デメリットについてまとめました。

ガソリン車のメリット

ガソリン車はディーゼル車と比較すると、車両価格が940,000円程安くなりますので、かなりお得に購入することが可能です。
またガソリン車は高回転数までエンジン吹かすことができることから、加速フィーリングが良いこともメリットでしょう。

エンジンは2.0Lと2.4Lから選ぶことができますし、2WDにはアイドリングストップ機能が搭載されているためエコ運転が可能です。

ガソリン車のデメリット

ガソリン車はディーゼル車より燃費が悪いうえに、使用燃料はレギュラーガソリンですので家計への負担が大きくなります。

2.0Lエンジンではアクセルを踏んでも力の不足を感じますし、加速力もありません。
その場合は2.4Lエンジンを選ぶことができますが、2.4Lエンジンには2WDの設定がなく選択肢のせまさを感じるでしょう。

新型デリカD:5のディーゼル車のメリット・デメリットは?

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/special/features/

では新型デリカD:5のディーゼル車のメリット・デメリットにはどのようなものがあるのかみていきましょう。

ディーゼル車のメリット

ディーゼル車は家計に優しいところが魅力的です。

ガソリン車よりディーゼル車のほうが燃費が良いですし、ディーゼル車の使用燃料は軽油ですので、給油するときの燃料費が1Lあたりおよそ10円安くなります。
また低速でもトルクが大きいため、雪道や悪路でも力強く確実に走破することが可能です。

ディーゼル車のデメリット

ディーゼル車はガソリン車より車両価格が940,000円程高くなることがデメリットでしょう。

走行中のレスポンスはガソリン車ほど良くありませんし、ディーゼル車はエンジン音が大きく、それに加えて振動が大きくなります。
4WDの設定しかないため2WDをお求めの方はディーゼル車を選択肢に入れることはできません。

新型デリカD:5を買うならのガソリン車とディーゼル車のどっちが良い?

ここでは4WDのガソリン車とディーゼル車で比較していきます。

結論をいいますと、新型デリカD:5を購入する場合はガソリン車がおすすめです。
ガソリン車はディーゼル車より燃費は劣りますが、何といっても魅力的なのがディーゼル車より車両価格が940,000円程安いことでしょう。

もしディーゼル車を購入してガソリン車との差額である940,000円を、ガソリン代で取り戻そうとするなら、年間10,000kmの走行で約17~18年かかる計算になります。
新型デリカD:5をそれだけの年数を乗るのであればディーゼル車を選んでもいいでしょう。

しかし走行距離が100,000kmを超えると交換部品が多くなってきますし、新型デリカD:5を購入してから13年も経過すると、部品の経年劣化が見られるだけでなく、自動車税が10%増しになるなど、支出が多くなってしまうのです。

ディーゼル車は4WDの設定しかないのに対して、ガソリン車は2WDの設定もありますし、4WDより2WDのほうが燃費も良くなります。
2.0Lガソリンエンジン車には、愛機能がついているため、より家計の負担が小さい中で新型デリカD:5を維持することができるでしょう。

ガソリン車とディーゼル車の選び方は、あなたがどれくらいの期間新型デリカD:5を所有するのか、オフロードを走る機会があるなど、どのような乗り方をするのかを考える必要があります。

まとめ

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/index.html

今回の記事をお読みいただき参考にしていただきながら、三菱ディーラーに行って、ガソリン車とディーゼル車の新型デリカD:5を試乗すると、記事に書かれている内容を、よりご理解していただくことができるでしょう。

最初はガソリン車の購入をお考えの方も、実際に試乗することでディーゼルエンジンのパワーに魅力を感じるときもあります。

今回の記事を参考に、新型デリカD:5を購入するときにガソリン車がいいのか、ディーゼル車がいいのかを十分に検討なさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です