三菱新型デリカD:5の新車を購入するときの納車状況はどうなってる?

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

三菱は2019年2月に新型デリカD:5の販売を始めました。
2019年4月現在では、街なかで新型デリカD:5が走っている姿を見受けられるようになりましたが、新型デリカD:5が納車されるまでにはどれくらいの期間が必要なのでしょうか。

また新型デリカD:5の新車が納車されたときはどんなことをチェックすればいいのでしょうか。
今回は、新型デリカD:5の新車を購入したときの納車状況や納車時のチェック事項についてご紹介します。

新型デリカD:5の納車はどれくらいかかってる?

女性

新型デリカD:5を契約・購入してから納車されるまでの期間は、2019年4月現在で1~2ヶ月程になっています。
これは新車を購入したときの標準的な納期となっていますので、新型デリカD:5の販売状況は落ち着いているといえるでしょう。

納車されたらどんなことをチェックしておくべき?

新型デリカD:5が販売されてから2019年4月時点で2ヶ月目ですので、街なかであまり台数を見かけることはありません。
そのため新車の新型デリカD:5が納車されたらすぐに色々なところを走りたいでしょう。

しかし新型デリカD:5が納車されたときに、実はチェックするべきとこがあるのをご存じでしょうか。
新車だからといってすべてが完璧なわけではありません。
新型デリカD:5が納車された際は、これからご紹介する4点についてしっかりチェックするようにしてください。

ボディの確認

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/special/features/

「新車だからボディにキズやヘコミがあるわけない」というのは先入観であって、納車されたときはボディをきちんと確認する必要があります。
新型デリカD:5は、車高が高い車ですのでボディ上部や天井部分まで見るのは困難ですが、脚立などを使ってキズやヘコミをチェックしましょう。

また表面からボディをチェックするだけでなく、バンパーやサイドスカートの底部分などに干渉した跡はないかも目視してください。
ドア、リアゲート、スライドドアなど、開けられる部分はすべて開けて、キズやヘコミがないかを確認しましょう。
キズやヘコミを確認するとともに、塗装が均一にムラなく施されているかのチェックも必要です。

塗装のチェックをするときは、スマホのLEDライトを利用するなど、ボディをライトで照らしながら確認するとムラを見つけやすくなります。

ディーラーで車を納車してもらう場合はディーラーの営業マンと一緒に確認できますが、自宅に納車してもらう場合は自分で確認し、不具合があった場合は写メを撮ってすぐにディーラーに連絡しましょう。

最近では自宅で納車するときに営業マンが納車することも多くありますので、自宅納車のときも営業マンと一緒に車を点検してください。

写メを撮る際は、新型デリカD:5のODOメーターであることが分かるように写真を撮ることで、あなたが新型デリカD:5を走らせてできた不具合ではないということが証明できます。
合わせてボンネットを開けたところに刻印されている車台番号も撮影しておくと、より実証ができる可能性が高くなるでしょう。

選択したオプションの確認

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/interior/

新型デリカD:5を購入するときに、合わせてオプションを購入された方も多いでしょう。
ディーラーが注文を受けたオプションを装備し忘れることはありませんが、念のためにきちんと取り付けられているかをチェックしてください。

とくに電装系のオプションは不具合なく作動するかの確認も必要です。
ナビのチェックをする際にバックカメラが搭載されている場合は、シフトをRレンジに入れてバックカメラが作動するかの確認もしておきましょう。

走行して確認

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

新車が納車されたときは、停車しているときだけのチェックだけでは十分ではありません。
走行しているときには停車中には動くことがないショックアブソーバーや、振動による異音が聞こえる場合があります。
新車であるといえども走らなければ分からない不具合もあるのです。

新型デリカD:5が納車されたあとは、ボディや内装の不具合を確認して、とくに異常がなければ実際に走行して問題がないかを確認しましょう。

必要書類等の確認

新型デリカD:5が納車される際にディーラーの営業マンが必ずチェックすることですが、新車を購入した際は「車検証」「取扱説明書」「保証書」があるはずです。

またオプション装備で搭載した電装品なども、それぞれで取扱説明書と保証書がありますし、電装品が入っていた箱もディーラーから引き継ぐことになります。
これらは車や電装品が不具合を起こしたときに必要になるものですので、忘れずに受け取ってください。

新型デリカD:5の中古車・未使用車はいつ頃出る?

新型デリカD:5は2019年4月現在で販売されてから2ヶ月ですので、新型デリカD:5に乗る場合、現時点では新車を購入するしかないように思えます。
しかし2019年4月現在でも新型デリカD:5の未使用車が販売されているのです。
「販売開始から2ヶ月しか経っていないのにもう未使用車が販売されているの?」と思われますが、とくにめずらしいことでもありません。

未使用車というのは、新車を公道で走らせるためにはナンバープレートを取得する必要があり、ナンバープレートを取得するためには、車を陸運局で登録しなければなりません。
その際にディーラーや販売店の名義にするのが一般的です。

登録された新型デリカD:5は試乗用に使われることが多いのですが、試乗用として利用されながら未使用車として販売されています。
販売価格は新車より少し安くなっている程度ですが、あなたが求めるグレード・仕様の新型デリカD:5であれば購入する価値はあるでしょう。

ただ通常新車の車検は3年ですが、未使用車は登録してから3年の車検になりますので、あなたが購入するときは車検期間が3年ではありません。

新型デリカD:5の中古車は2019年4月現在では販売されていません。
2019年4月現在では、新型デリカD:5を購入された方の手元にようやく車が納車された時期ですので、車を手放した方がいないということです。

しかし時間が経つにつれて中古車市場でも新型デリカD:5が見られるようになります。

まとめ

今回の記事を参考になさって、新型デリカD:5の納車状況を確認していただき、新型デリカD:5の購入をご検討なさってはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です