三菱 デリカD:5のモデルチェンジは? フルモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジ!

デリカD:5のモデルチェンジ情報は?

モデルチェンジ情報としては、フルモデルチェンジではないとされています。
また、新型デリカD:5の雪上テストがアメリカにてスパイショットされました。更には2018年6月、ドイツでテストされている新型デリカD:5の姿も撮影されています。

エクステリアデザインの変更点は?

モデルチェンジとして、デザインが変更されます。
新型デリカD:5のエクステリアデザインの情報としては以下のものが挙げられます。

  • トヨタ新型ヴェルファイアのような押し出しの強いデザイン
  • 高級感が強く、現行型のようなタフでワイルドな印象は薄くなる
  • ダイナミックシールドデザインが採用され、ekスペースカスタムを大きくしたようなデザイン

通常バージョンとエアロパーツ搭載バージョンの2種類があり、ツートンカラーがあり、エクステリアデザインの変更はディーゼルのみ、ガソリンモデルは現行型と同じ、とされています。

インテリアの変更点は?

また、インテリアには次のような変更が行われると見られています。

  • 現在の実用的なインテリアから高級感あるインテリアデザインへとシフト(ディーゼル限定)
  • インテリアの質感やデザインはアルファード・ヴェルファイアを意識
  • シートの材質が変更され、セダン並の質感へと向上(ディーゼル限定)
  • 静粛性が大幅に向上し走行時1デジベル低減される、電動バッグドア標準装備(ロック予約も可能)
  • マルチアラウンドビューモニタ搭載
  • エアコンは左右独立タイプを搭載
  • 電動パーキング搭載
  • ナビが拡大し10.1インチ
  • ヘッズアップディスプレイの搭載
  • 各所にメッキ、ウッドパネル、ソフトパッド、レザーを追加
  • 8人乗りモデルが標準となり、7人乗りモデルはオプション

エンジン・安全性能の変更点は?

新型デリカD:5には以下のエンジンが搭載される予定となります。

直列4気筒2000ccガソリンエンジン、直列4気筒2400ccガソリンエンジン、直列4気筒2200ccディーゼルターボエンジン(尿素SCRシステム新採用)とのことです。

新型デリカD:5では、最新鋭AWDシステムであるS-AWCが非搭載となります。
フルモデルチェンジではない上に、急ピッチでモデルチェンジが行われるため、S-AWCを搭載する時間的猶予がなかったものと考えられます。

新型デリカD:5では、先進の予防安全技術であるe-Assistが採用されます。

モデルチェンジ後の価格は?

気になる値段のほうですが、現在判明している情報によりますと、ディーゼルエンジンのエントリーモデルでは405万円スタートとなることから、現在の価格と比べて約50万円の値上げとなることがわかっています。

ここから、新型デリカD:5のディーゼルエンジンモデルでは405万円~460万円になると予測されています。
一方、インテリアデザインが質素となるガソリンエンジンモデルは安価となることが予測されます。

デリカD:5のモデルチェンジを予想! モデルチェンジはいつ頃行われる?

デリカD:5のモデルチェンジは2019年2月~5月くらいに行われると噂されています。

変更内容はデザイン、エンジン、インテリアと非常に大規模なものになると予想がされています。
ご存知の通り、デリカD:5は三菱自動車のロングセラー車なだけに、次期デリカD:5にはかなりの期待が寄せられています。
上でも述べましたように、海外でかなりの数のスパイショット写真が流出しています。それを見た感じでは、かなりいい感じのデザインとなっています。

デリカらしいスタイルは継承されつつ、間違いなく進化を果たした迫力あるスタイリッシュなデザインです。
まだスパイショット段階ですが、これは期待が持てます。

モデルチェンジで、三菱さんにお願いしたいことがデリカD:5らしさは消さないで、クーペ的にはしないで、普通にミニバンにしないでということです。
エクストレイルのフルモデルチェンジで、四角い形から流線型になったときみたいに寂しい思いをするのはごめんです。

また、デリカD:5は、「10年間フルモデルチェンジできなかった」という考え方ができます。
時代の流れから小型で燃費がよくてというのがポイントでしたし、他社はハイブリッド車の開発を全面に押し出して着たのに対して三菱はクリーンディーゼル車と電気自動車を全面に押し出してきました。
デリカD:5を電気自動車にするわけにはいきませんし、どうしてもクリーンディーゼル車の開発を行うことになります。
これは、ハイブリッド車と同じくらい難しいことは言うまでもありませんね。

それにしても、スパイショット写真を見る限りでは、三菱アウトランダーとデリカがいい感じでミックスされていることは間違いありません。
この迫力とスタイリッシュ感は新たなファンを獲得すること間違いなしのデザインです。

三菱自動車は2017年から2020年の間に14車種のニューモデル投入を計画しているといわれていますので、デリカD:6のエクステリアはその過程で、今後のデザインの流れを示す一石となることは間違いないと思います。

デリカD:6の主な変更点は?エクステリアやインテリアはどうなる?

スモールサイズSUVミニバン「XMコンセプト」としてインドネシア国際モーターショーで三菱が発表をしました。
デリカD:6の直接的なコンセプトではないものの、このようなダイナミックシールドデザインを採用してくることが予想されます。

「MITSUBISHI Concept AR」という、2013年に発表されたコンセプトモデルも参考になりそうです。

市販モデルでもスタイリッシュなミニバンに進化してきそうです。

デリカD:6の予想ボディサイズですが、全長4740mm、全幅1795mm、全高1750mm、ホイールベース2850mmと、現行サイズとボディサイズの大きな変更はないようですが、車体剛性は強化されます。

自慢の「リブボーンフレーム」を改良することで、事故・悪路走行などでも頼もしさがパワーアップすることが予想されます。
ミニバンは危ないといわれていますが、デリカは一味違います。

デリカD:6のフルモデルチェンジで、クリーンディーゼルエンジンが搭載されることは確実で、現行に用意されている「4N14エンジン」を改良してきます。

現行型よりも、最高出力は29PSプラス・最大トルク2.3kgf・mプラス・燃費1.4km/L向上する予定となっています。

エクステリアやインテリアがどうなるかというと、テスト車両のフロント部分でも採用されている三菱の最新デザインコンセプトであるダイナミックシールドが採用されると予想されます。

ちなみに、海外で人気を集める三菱のオールラウンダーミニバンであるエクスパンダーも同様のコンセプトデザインですね。

インテリアに関しては、まだ詳細情報はないのですが、近い用途であるエクスパウンダーと同等のインテリアとなるのではないでしょうか。
内装に関して、これと近いモチーフになるかは定かではないのですが、近年発売された三菱車の傾向としては近いものが登場するのも可能性としては少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です