車を買取できない理由とは?値段がつかない中古車とは?

「中古車を売りたいのに売れない。」 そんな事態に陥っているあなた。

  • まともな(正規販売店から)車を買いましたか?
  • ローンは返済していますか?

この2点だけ聞きたいと思います。

車が売れないのは所有者が自分ではない

中古車を売りたいのに売れないと相談されることもあるのですが、車を購入した時にローンを組んだ場合、完済しないとローン会社の所有物になります。

あなたの車ではないということです。

ローンが残っている場合は、所有者はローン会社。 使用者があなたになっています。 ですので、得る場合には所有者の許可が必要です。

そこで、重要な事は『ローン会社は完済してくれれば売っていいい』ということです。 査定してもらって、ローン残債を上回っていれば売れるということですね。 でも、売れないということは、ローン残債を下回っているということです。

所有者ではない以上、我慢して乗るしかありません。

2重ローンもあり?

オススメはしませんが、2重ローンという手もあります。 ローンが通ればの話ですが。

『ローン残債+車購入費用』=【新しいローンを組む】 ということです。

通ったとしても月々の支払は大きくなるでしょうし、そもそもローンが通らないこともあります。 やってみないわかりませんが、一応、一つの方法として紹介しました。

金融車は売れない

冒頭の質問に戻ります。 「まともな(正規販売店から)車を買いましたか?」です。

金融車は特殊です。 捕まっている人もいるぐらいなので、正直まっとうな買い方とは言えないでしょう。 金融車の場合も所有者はローン会社ということがほとんどですし、使用者もあなたではないでしょう。 絶対に売れないですね(笑)

でも、金融車専門で扱っている所は、買い取りしてくれるという業者もあります。 金融車を買ったお店で買い取ってもらえれば一番なのですが、何かと理由をつけて買い取ってくれないこともあるとか。

金融車専門でやっている業者に、いくつも当たればそのうち売れるかもしれませんね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です