買取?下取り?営業マンに足元見られたら損しますよ!

買取と下取りの違いについては、下取り価格のほうが安い傾向があります。 そこで、交渉するためにも注意したい3つのポイントをご紹介します。 全てをさらけ出すと、営業マンに足元見られますから注意してくださいね。

営業マンに騙されない3つのポイントとは?

  • 見積もりは複数社(最低でも3社以上)やる。
  • その場で売ることを決めない。
  • 最低価格を決めておく。

当たり前と言ってしまえば、それまでですが、意外と出来ていない人が多いです。 なぜなら、「今決めてもらえれば、3万円頑張ります!」といった、甘い言葉につられてしまうからです。 そもそも、買取業者さんが出せる査定価格の限界は、どこの買取業者さんもほぼ同じです。 買取業者さんは、買取った車はオークションに流します。いわゆる転売ですよね。

相場は時期や地域によって異なりますが、どこの買取業者さんでも同じくらいです。 結局はどれだけ利益を削れるかなのです。 後は、営業マンの権限などもありますが、基本的に店長への確認の電話をしますので、値段の決断は店長さんの限界金額の判断となります。

ですので、複数社に見積もりを取らなければいけません。 限界値が高い買取業者さんに買ってもらうということですね。

絶対に即決してはいけない

即決はしてはいけません。 複数社の限界値は、近いですが差がでてきます。 +5万円と言われても、「他の業者さんの金額を聞いてから。」という姿勢は崩さないでくださいね。

ある程度の相場を知っているという方は、最低ラインを決めておくこともいいかもしれません。 中古車の金額は、30~50万円利益をのせてから売るといわれています。 ということは、中古車をオークションで落札してから販売しているでしょうから、更に5万~10万円利益がのっていると思われます。

約40万円前後、引いた金額があなたの車の買取価格になっていると考えられます。 相場が50万円の車を売ると10万円の査定価格になる。ということです。 全ての車がそうというわけではありませんが、それくらいの利益が上乗せされています。 ヘタするともっと利益があることだって考えられます。

ですから、あなたの車を売る時には、最低のラインを出しておくと査定価格との差にビックリしないと思います。 「高くてびっくりした!」というならいいのですが、多くの人は「意外とやすかった。」とびっくりするので、相場を知っておいたほうがいいでしょう。

過度の期待は禁物です。 だからこそ、複数社に見積もりを出してもらって、出来るだけ高く売ることをおすすめしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です