10年落ちの車は売れるのか? ボロボロじゃないなら売れますよ!

結論からお話すると、10年落ちの車でも絶対に売ることができます
事故車やボロボロで整備もされてないような車だと、0円か廃車にする費用がかかるかもしれません。

当たり前ですが、きちんと整備されている車は長持ちします。
長持ちする車は10年落ちだろうと、20万km走っていようと値段がつきますので、あなたの車も高く売れます。
ただし、高額で買取してくれるところを探す努力は必要です!

中古車で10年落ちは買わないほうが良いのか?

中古車を買う人をバカにする小金持ちの方がよく言う言葉があります。

  • 「10年落ちはすぐ壊れる」
  • 「修理代のほうが高くつく」
  • 「機械だから長ければ長いほど壊れやすい」

正論ではありますが、一概にダメだとは言い切れません。
だって、同じ車に20年乗っている人だっています。20万km走っている車だってあります。

要は、『どれだけきちんと整備されているか』によるのです。

ディーラーが提示しているオイル交換期限や走行距離でのオイル交換をきちんとしていれば、10万km超えても全然走りますし、特に問題がなく20万kmは走るでしょう。

タクシーやトラックなどは、50万km以上走っているのもザラですので、整備さえキチンと行っていれば100万kmだって走ることができるかもしれません。

逆に整備をきちんとしていない車でしたら、10年間ももたない車だってあります。
10万kmは車を買い換える目安にはなるでしょうが、10万kmを超えている車がダメだということはないでしょう。
10万kmは昔の基準で今の車の性能はそんなに悪くないです。

車を高く売るにはどうすれば良い?

10年落ちでも高く売るなら、高く買取してくれる業者を探すことが重要になります。
例えば、近くの車買取店に持ち込んで査定をしてもらったとしても、「この車は人気がないから価格は付きませんよ。」と言われて、そのまま車を売ることを諦めてしまう結果になってしまうでしょう。

しかし、色んな買取店で査定してもらっているということがわかれば、人気車種や10年落ちでも高く売れるような車だったらお金を出してでも買取したいという買取店が出てきます。

ですので、車を高く売るなら色んな車買取店で査定してもらうことが一番重要です。

ヤフーオークションなどと同じで、誰もが欲しいと思ったら入札額がドンドン上がってしまいます。
ニンテンドースイッチも需要に対して共有が足りてないので、定価よりも高い金額で販売されたり転売されています。
「競わなければ買い取れない」と思わせることができたら、高く売れるでしょう!

車買取店を何社も回るのも良いですが、無料一括査定で一括査定してもらったほうが楽ですし、車買取店も競合他社がいるとわかってもらえるので、買取価格を簡単に競わせることができます!

買取と下取りはどっちが高くなる?

買取と下取りでは、買取のほうが高く買取ってもらえると言われています。
なぜなら、車買取店は買取った車はそのまま業者専門のオークションへ流されます。
在庫を抱えるリスクがありませんし、すぐに売却することで値下がりするリスクも軽減されています。

ディーラの下取りの場合でも、状態が悪い車や売れないと思っている車はオークションへ流されてしまいますが、ディーラーは車を売ることが本業のようなものなので、あなたが下取りに出したときの相場を逐一把握できていない状態です。
車買取店は、買取を専門で行っているので、毎日、オークションの相場を確認しています。
ですので、儲かると思った車はギリギリのラインまで買取価格を提示してくれます。

ディーラーの下取りはマニュアルがあるそうなので、マニュアル通りの下取り価格しか出せません。
融通が利かないということと専門ではないということで下取りのほうが安いです。
統計データでは、平均10万円下取りのほうが安いので、下取りに出している人の多くは損しています。

ただし、下取りのほうが高いという可能性も0ではないので、一番良いのは、下取りと買取価格を比較することです!

まとめ

廃車にしなくてはいけないような車でない限り、10年落ちでも20年落ちでも値段はつきます。
しかし、車を売る場所は選ばなくてはいけませんし、色んな車買取店やディーラーで下取り価格を出してもらうことが重要です。

10年落ちや10万km超えの車は売れないというのは、今どきない話ですので、騙されたと思って無料一括査定をやりましょう!
やらない人は損しているだけですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です