車のちょっとした凹みやキズは査定価格に影響する?

車を査定してもらうときに、一番気になると言っていいことが、ちょっとした傷や凹みでしょう。
特に小さい傷は長期間乗っていればたくさんついてしまいます。

どれぐらいの傷は直したほうがいいのかの基準を考えてみました。

傷の修理はやらないと割り切る

ぶつかりそうな車

車の傷そもそも車の傷を気にしだしたらキリがありません。

車は走っているだけで、ホコリや前の車から小さい石が飛んできて、目立たない傷がついてしまいます。 これは、買取業者もわかっていることです。

まずは、このような細かい傷は無視していいでしょう!

特に黒系の車は傷が目立っているとは思いますが、完全に目立たなくする方法は、「全塗装」か「コーティング」です。

ご想像通り、「全塗装」は問題外です。

高すぎてお話になりません(笑)

「コーティング」ですが、自分で綺麗にできるなら、たぶんやってますよね?

業者に頼むと、ピンきりですが、1万円~というところが多いようです。
高いと10万とか平気でとるところもあるみたいですよ。

次に、凹みですが、小さいものだと直したほうがいいのかなぁって思いますよね。
でも、見積もりを取ったことありますか?

「へ~こんだ~らカーコン、カーコンビニクラブ♪」でお馴染みのカーコンビニ倶楽部
10cm×10cmの擦り傷で約35000円~と出ていました(汗)

傷の場所や車の色などによって変わってくるので何とも言えませんが、安くても30000円以上はかかるだろうと思います。

修理をしても結論は変わらず…

やっぱり、車の修理はやらなくていいでしょう。

ヘタに修理しても、修理代よりも査定額が上回る保障はどこにもありません。
だったら潔く査定してもらったほうが気持ちがいいですよね!

逆に、修理しないで査定してもらう時に聞いてみるのもいいかもしれませんね。
「この傷を修理したら査定額高くなりますか?」と…。

多分、変わらないと言われそうな気がします(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です