中古車を売るとき、ナビや社外品で査定価格が変わりますか?

多くの人は新車を購入したときに、メーカーのナビを付けているでしょうから、基本的に車を売るときにはカーナビも一緒に売りますよね。

もしこだわりがあって、Carrozzeriaとかちょっと高いナビを付けているときは、新しい車に移植したいと思っているでしょう。 社外品もナビも査定価格に影響します。 逆に減点対象にも関係してくるので、チェックしておいてくださいね。

車のパーツは何が良くて何がダメ?

社外品というと、減点の対象(査定価格の減額)に影響すると思われがちですが、そこまで大差は無いというのが印象です。 ですが、純正品を持っているのでしたら、絶対に純正品を一緒に提出、もしくは口頭で伝えておきましょう。

どちらか査定価格が高い方に付け替えたほうがいいんですが、どうせ同じ車に乗らないでしょうから、一緒に売っちゃいましょう!

ナビは外すと減点の対象になります

カーナビ最近では、ナビはどの車にも付いていますね。
「うちの車はついていませんけど?(怒)」って言われたら、「すみません・・・。」としか言えませんが・・・。

新車で購入する際に、オプションでメーカーのナビを付ける人が多くいます。 それで、今では『ナビ=標準装備』的な位置づけになっています。 なので、ナビを付けている人は絶対に外さないようにして下さい。 実際に、査定に来た営業の人に聞いてみるとわかると思いますが、ほぼ減額されると思います。

あなたが中古車で買うときにナビが付いていなかったら、結構嫌ですよね?
軽トラックとかだったら別だと思いますけどね。

『カーナビは合った方がいい。』 ってことで、減額の対象になります。

カーナビも年式が新しいと高い査定価格になる

カーナビは1年以内に購入した最新のモデルだったら、10万UPするぐらいの効果なものです。

そりゃ、20万、30万するナビですもん。 十分に中古車を買う理由にもなりますよね。

後は、インダッシュタイプのものです。 パネルの中にすっぽりハマっているタイプのものですね。

もう一つ、HDDタイプのもので音楽を入れたりできるタイプです。 これも人気がありますね。

また、iphoneをつなげることができたりすると、気持ち上乗せがあるかも知れません。 (管理人的にほしいからです(笑))

結局は、便利なものにはお金が付く。(お金がかかる) ってことなんですね。 当たり前のことですね!

新しい車を買う時に、新しくナビや社外品を購入しなくてはいけないというときには、ナビは外して新しい車に付けたほうがお金はかからないかもしれませんね。
ナビを外して10万円査定価格が下がったとしても、ナビを20万円で購入しなくてはいけないとしたら10万円損していますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です