下取りはダメ?買取価格のほうが高くなる理由とは?

損する

下取り価格と買取価格の違いは結構出てしまいます。 平均すると10万円ぐらいの差があるというデータも出ています。

あなたは、10万損しますか?それとも得しますか?

下取りとは

そもそも下取りと買取の違いを知ってますか?

  • 下取り = 次の車の購入店で車を売る
  • 買取 = 買取業者に車を売る

多くの人が利用しているのが下取りです。 車を見に行ったついでに、下取り価格を出してもらうからです。

何台かの車をピックアップしたところで、営業との交渉に入ります。 その時に、購入予定の車の総額と下取り価格も出してもらいます。 車の総額から下取り価格を引いた金額を提示されたら、「得した!」という気持ちになっているんです。

10万円以上損しているのに・・・。

車を売る前に、車を買う(用意する)のが普通です。 誰でも購入車が準備できたと同時に、古い車とチェンジしたいですよね? 足がなくなるのが困るのもあるし、何より手間がかからないから。 だから、下取りで引き取ってもらったほうが楽なんです。

でも楽したら、10万円、損するんです。

買取とは

買取とは、買取専門店に売ることです。 わかりやすくいうと、「くるま~売るなら~ ○ビット」みたいな会社です。

買取業者は主に、車オークションに流しているので、いわゆる「売れる車」が高くなります。 人気車種なんかは、売れやすいので相場が高くなる傾向がありますので、積極的に営業をしてくることもありますね。

下取りと買取の大きな違い

車買取営業マン下取りは「下取り基本価格表」というマニュアル的なものが存在します。

各社あるようなので、全てが同じ値段ではないでしょうが、ある程度似た金額になっていると思います。 基本価格から、減点方式で金額が決まっていきます。 マニュアルマンなので、社外品などは評価されません。

逆に買取店ではオークションの相場から算出します。 社外品なども評価されやすいので、「エアロ・アルミ・ナビ」などは好評化になる可能性が高いですね。

結局はどうすればいいかな・・・?

結論をいうと、下取り価格と買取価格を出してもらえば一目瞭然です。 下取りは車を購入しようと検討している車屋さん(ディーラー)から。 買取価格は、一括見積もりをすれば楽です。 でも一つだけ注意が必要です。

ハッキリと断れることが前提です。

営業マンに流されて車を売ってしまっては、価格を比較しようがありませんからね。

管理人的には、買取価格を何社か出してもらえればそれでOKだと思ってます。 面倒だから・・・(笑)
シンプルにいきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です