2018年夏発売!ホンダ N-VANの全容が明らかに?! バモスの後継モデルとして販売?!

N-VAN
出典元:HONDA HP

ホンダといえば、N-BOXが大人気の軽自動車ですが、Nシリーズの一つとして、2018年夏にN-VANが登場します。

「軽バンの新しいかたち」として販売されるので、バモスの後継モデルとしてNシリーズに追加する形にしているのでしょう。

バモスの後継モデルと言われていますが、上記画像のシルエットを見てみると軽バンというよりは、DAIHATSUのウェイクに似ている形になっていますね。

「働く人たちへ」というコンセプトで作られていて、荷物が積みやすい形になっています。
N-VANの最大の特徴が、広い開口部をバックドアと助手席側に作ったということです。
助手席側はピラーレスで、大きい荷物でも積みやすくなっています。

N-VAN 開口部
出典元:HONDA HP

上記の画像を見てもらえばわかりますが、運転席を除いた助手席から荷室までフルフラットになるようになっています。

これだけフラットになると荷物もたくさん積みやすくなるでしょう。
また、荷物を積むだけではなく、車中泊をする際にも使いやすいモデルになるでしょう。

また、Honda SENSINGも標準装備されているということです。

標準装備と言っても、「Honda SENSINGを装備しない仕様もご用意しております。」と書かれていますので、標準装備?という感じです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です