ダイハツ ムーヴってどんな車?? 燃費や乗り心地を口コミをまとめました♪

ダイハツムーヴ
出典元:DAIHATSU HPより

管理人が免許取り立ての頃には、軽自動車といえば、ムーヴやワゴンR、ライフなどが若い人にも人気が高く競合しあっていました。

ダイハツは良い軽自動車を作っているイメージを持っている人も多いかと思います。
現在では、軽自動車の売上ランキングでは、No.1はN-BOXに負けているものの、タントやムーヴは上位5位に入るくらいの人気があります。

タントはスライドドアなのでお子さんがいる家庭では人気が高くなるでしょう。

ムーヴは高い走行性能と低燃費で人気が高くなっている車でしょう。
燃費も25.6~31.0km/Lという低燃費なのが嬉しいですね。

今どきのハイトールワゴンではないので、空気抵抗も少なくて燃費も伸びやすく、スムーズな加速も期待できます。

ムーヴのターボ車は、高速道路でもスムーズに走ることができますし、価格も4WDでも約147万円なので購入しやすい価格帯になっているでしょう。

ムーヴのスペック

車両価格1,112,400円~1,474,200円
燃費25.6~31.0km/L
定員4
排気量(cc)658
車両重量(kg)820~890
全長×全幅×全高(mm)3,395 × 1,475 × 1,630
室内長×室内幅×室内高(mm)2,080 × 1,320 × 1,280
最低地上高(mm)145~150
ホイールベース(mm)2,455
最小回転半径(m)4.4
リサイクル料8,970~9,570円

ムーヴの口コミ・評判

ムーヴの口コミや評判をまとめました。

ムーヴの良い所

  • 特別な目立った個性は正直なところあまりありませんが細部の仕上げや仕立ての良さはなかなかのものです
  • 質感の良さや静粛性、運転のしやすさなどお勧めできる軽自動車
  • 坂道でも踏み込めば加速するし、信号待ちでの発進でも置いて行かれることもない
  • 乗り心地もそこそこで長距離運転でも疲れない
  • 派手さや目新しさは無いけれど、走る曲がる止まる、快適な乗り心地、安全性能など、地味な部分をしっかり追求
  • 毎日の通勤だけではなく、ちょっとした旅行にも使えると感じました。
  • バランスがよくコストパフォーマンスは本当に高い

ムーヴの悪いところ

  • 最小回転半径が4.5mと大きい
  • コンパクトカーよりハンドルの切れが悪い
  • 泥除けがないせいか、砂利が多い道や雨の後は下回りがかなり汚れてしまう

ムーヴの評価はかなり高い!

ムーヴは多くの高評価を得ていました。

真新しさやこれと言った特徴はないものの、走行性能や安全性能を追求している軽自動車という口コミが多かったです。

室内空間も広く、シートアレンジも多彩なので多くの荷物を積むことも可能ですね。

軽自動車といえば、長距離運転をする人にとっては対象外になってしまうことも多いですが、長距離運転でも疲れにくいという口コミやターボ車なら走行性能も高いので高速道路でもしっかり走ることができるでしょう。

ムーヴのエクステリア(外観)は?

ムーヴのエクステリアについての口コミや評価をまとめました。

フィットと似てる?見比べてみよう カラーバリエーションも豊富!

ムーヴのインテリア(内装)はどう?質感や広さ、荷室を見てみよう!

ムーヴのインテリアについての口コミや評価をまとめました。

センタータンクレイアウトで室内は広々! 大きなラゲッジスペース

ムーヴのライバル車と比較してみた

ムーヴのライバル車は、軽自動車の購入台数からいうとN-BOXなどが挙げられます
しかしN-BOXは軽トールワゴンなので、ムーヴと同じトールワゴンではない車種がライバル車となるでしょう。

  • ワゴンR
  • MRワゴン
  • N-WGN
  • N-ONE
  • デイズ
  • ekワゴン
  • ミラ
  • アルト
  • フレアワゴン

販売台数ランキングを見てみると、日産デイズには負けています。
その他にもスズキのアルトやワゴンR、ミラ、N-WGNなどもライバル車と言える販売台数になっています。

販売台数にはN-BOXが頭一つ抜けていますが、大きな差はないので今後も競い合っていくでしょう。

あとは、見た目の好みやメーカーの好き嫌いがあるでしょう。
グレードが高いものを選ぶことで安全性能もスマートアシストⅢと同等のものが付いているものがありますから。

ムーヴでなければいけないという突出した特徴はないでしょうし、他のメーカーにも同じことが言えるので、メーカーの販売力やブランド力、見た目の好みに販売台数が影響しているのではないかと思います。

ムーヴの安全性能は?

ムーヴの安全性能の最大の特徴は、スマートアシストⅢでしょう。
ソナーセンサーに加え世界最小のステレオカメラを採用していますので、先行者や歩行者まで検知して、事故を未然に防いだり軽減してくれるサポート機能が付けれます!

ボディも衝突安全ボディに車内はエアバッグで、ムーヴに乗っている人を守ってくれます。

滑りやすいコーナリングで、万が一滑ったときにも、ブレーキとエンジン出力を自動で制御して、横滑りを防止してくれます。

スマートアシストⅢについて

スマートアシストⅢ
出典元:DAIHATSU HPより

ムーヴは、「Xターボ“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、L“SA Ⅲ”」にスマートアシストⅢを搭載しています。

スマートアシストⅢを搭載していることで、運転中のヒヤッとするシーンを回避してくれるためにサポートしてくれます。
最近では、高齢者のうっかり事故が増えていますので、スマートアシストⅢを搭載しているグレードを選んだほうがうっかり事故が減るでしょう。

スマートアシストⅢには、唐突警報機能や緊急ブレーキまで、危険が高ければ高いほど、ブレーキサポートをしてくれます。

その他にも、車線逸脱警報機能や誤発進抑制機能も付いていますので、わき見運転やうっかりミスが減ります!

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方)(後方)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • オートハイビーム

TAF 進化した衝突安全ボディ〈TAF(タフ)〉

TAF 進化した衝突安全ボディ〈TAF(タフ)〉
出典元:DAIHATSU HPより

TAFは、Total Advanced Functionボディの略で、衝突安全機能が進化しているボディという意味を込められて作られた造語です。

様々な角度からの衝突実験を行っていて、世界最高水準の前面フルラップ55km/h、前面オフセット64km/h、側面55km/h、後面55km/hの衝突実験で、室内の生存空間を確保することが実証されています。

軽自動車の事故の弱さをできるだけ軽減できるようにダイハツが考え抜いた結果が実証されました。

室内だけではなく、歩行者にぶつかってしまった場合でも歩行者の衝撃を吸収できるように、衝撃緩和装置や吸収スペースを確保しています。

  • スモールサイズで高い衝突安全性能を実現したボディ
  • 歩行者傷害軽減ボディ
  • 多様な角度からの衝突実験

SOFI 乗員にやさしい安全インテリア〈SOFI(ソフィ)〉

SRSエアバッグ
出典元:DAIHATSU HPより

TAFボディだけではなく、エアバッグでハンドルや窓などで頭を打たないように衝撃を吸収するように設計されています。

Xターボ“SA Ⅲ”には、SRSサイドエアバッグとSRSカーテンシールドエアバッグもメーカーオプションで付けることができるので、後席でも頭を守ってくれるエアバッグを搭載できます。

後席には、ISOFIX対応チャイルドシート固定バーとトップテザーアンカーがありますので、ワンタッチでチャイルドシートの着脱をすることもできますし、しっかりと固定されるので、事故の際にも安心できます。

  • SRSエアバッグ
  • ISOFIX対応チャイルドシート固定バー&トップテザーアンカー(後席)
  • プリテンショナー&フォースリミッター機構付フロント3点式ELRシートベルト

ACTIVE SAFETY アクシデントを未然に防ぐ安全性能

VSC & TRC
出典元:DAIHATSU HPより

VSCは、カーブでのスピンや急な飛び出しで急ハンドルを切って横滑りした場合にも、ブレーキとエンジンを自動でコントロール制御してくれて、スピンや横滑りを回避してくれます。

TRCは、発進時や加速時のタイヤの空転を抑えることで、スムーズに走ることができるようになっています。

急ブレーキを掛けてしまったときにも、ABSがついていますのでタイヤがロックしないようになっているので安心です。

  • VSC & TRC
  • エマージェンシーストップシグナル
  • ABS(EBD機能付)

ムーヴの走行性能は?

ムーヴはあなたが気持ちよく運転できる乗り心地やスムーズな加速を実現しました。
空気抵抗を考えて作られているボディになっているので、人気のハイトールワゴンには無い加速感を味わうことができるでしょう。

また、あなたが疲れにくいように、シートリフターやハンドルを上下に動かすことができるチルトステアリング。
シートベルトもあなたに合った高さにできるように動かすことが可能です。

坂道発進で後退しないようにサポートしてくれる「ヒルホールドシステム」も搭載しました。

パワフルな走りとは裏腹に、低燃費を実現したのも嬉しいですね。
ターボ車の4WDでも25.6km/Lになっています。
実燃費はもう少し下がりますが、低燃費はお財布にも優しくて良いですね。

  • D モノコック(軽量高剛性ボディ)
  • D サスペンション
  • D assist 切替ステアリングスイッチ
  • 運転席シートリフター
  • チルトステアリング
  • アジャスタブルショルダーベルトアンカー
  • ヒルホールドシステム
  • 最小回転半径 4.4m
  • 〈TOPAZ NEO(トパーズ ネオ)エンジン〉
  • クールドi-EGR
  • CVTサーモコントローラー
  • エコ発電制御

1 Comment

浜野 賢一

Xターボには運転席シートヒーターが標準装備しているはずです。高齢者、腰の痛い人には非常に良い装備です。良心的でリーズナブルな価格になっております。しっかりとPRして下さい。管理人さんへ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です