ダイハツ ミラ トコットは女性のための車!? 燃費や乗り心地など基本情報をまとめました♪

一般的に、車というと男性が乗っている、男性が運転しているというイメージが強いです。
しかしダイハツが新たに開発した軽自動車のミラ トコットは大きく違います。
なぜなら、開発を手がけたのが男性ではなく女性だからです。
若い世代の女性がどのような車を好んでいるのかを、女性社員が中心となって十分に考えた上で開発されたのが特徴となっています。

開発に携わる専門のプロジェクトチームが作られたのですが、その構成メンバーの中心が女性だったのです。
男性が考える車と女性が考える車とでは、やはり大きな違いが出てきます。
女性がどのような車を運転したいのかについては、女性の意見を参考にすることが重要です。

男性であれば、日頃から車を運転することに慣れているため、運転しづらいと思える車でもスムーズに運転することができます。
しかし女性の場合、運転しづらいと感じる車を購入しようと思うことはほとんどありません。
そのため、運転があまり得意ではない女性でも運転できるように、軽乗用車のサイズを基本に開発を進めていきました。
既にダイハツが発売している軽自動車にミライースがありますが、このミライースを基準にして、同じくらいのサイズにしたのです。
その結果、男性でも女性でも手軽に運転することができる車が誕生しました。

男性が車を探すときは、見た目のかっこよさなどを重視することが多いですが、女性の場合は柔らかい印象を求めることが多いです。
そのためミラ トコットはセラミックホワイトの内装を取り入れて、優しさ・柔らかさが感じられるようにしました。
全体的に明るい色調にすることで、運転席に座った女性が楽しい気持ちになれるように配慮しています。

乗り心地・運転のしやすさという観点から見ても、ミラ トコットは高い評価を受けています。
運転するのが女性という前提で開発が進められているため、ハンドルのステアリングは軽い操舵力になるように設計されていて、スムーズにハンドル操作をすることが可能です。
一般道路での運転がしやすいのはもちろん、市街地や幅の広くない路地などで運転するときもストレスになりません。
運転が得意ではない人も、簡単に車庫入れをすることができます。
新しいタイプの車なので、衝突を回避するためのシステムも導入されています。
緊急ブレーキがあることで、交通事故を過剰に恐れる必要がないのです。

アイドリングストップの機能も充実していて、燃費の面でも優れているといえます。
FFで1リットルあたり29.8キロという燃費は、同じダイハツのミライースほど優れているとはいえないものの、気軽に日常に運転をする車としては十分満足できる水準になっているのです。

快適に運転できるためには、さまざまな装備が充実していることが不可欠だといえます。
もちろん、運転する技術が高い人であれば、基本的な安全装備などがついていれば十分です。
しかし、あまり運転に慣れていない女性の目線で考えた場合、多くの装備が最初からついている車の方が安心して運転できます。
たとえば誤発進を制御するための機能や運転席・助手席のエアバッグなどです。

車というのは、ただ単に運転しやすければよいものではありません。
頻繁に運転する人にとっては、運転のしやすさが特に重要なのは間違いないのですが、他にも環境に対する配慮などが欠かせないものです。
ミラ トコットは、しっかりと環境への優しさを考えた作りになっていて、環境を意識している女性の間で評価されています。

ボディカラーを複数用意することで、多くの女性のニーズを満たすことができています。好みの色を選ぶことができる点は、快適な運転ライフを楽しむためには不可欠です。

 

ミラ トコットのスペック

車両価格1,074,600円~
カタログ燃費27.0~29.8km/L
実燃費約20km/L前後
定員4名
排気量(L)0.658
車両重量(kg)720~790
全長×全幅×全高(mm)3,395 × 1,475 × 1,530
室内長×室内幅×室内高(mm)2,000 × 1,305 × 1,270
最低地上高(mm)150~160
ホイールベース(mm)2,455
最小回転半径(m)4.4
リサイクル料約9,000円前後

ヴェゼルの口コミ・評判

ヴェゼルの口コミや評判をまとめました。

ミラ トコットの良い所

  • 全モデルサイドカーテンエアバッグを標準搭載
  • ステアリングが軽いから女性でも運転しやすい
  • 悪路でも乗り心地は上々
  • 最近の軽自動車にしては値段はリーズナブル

ミラ トコットの悪いところ

  • 燃費はミライースの方が良い。
  • エンジンが非力
  • デザインの写真写りが悪い…

ミラ トコットの安全性能は?

ミラトコット スマートアシストⅢ

ミラ トコットに付いている安全性能をご紹介します。

スマートアシストⅢ[G “SA Ⅲ”、X “SA Ⅲ”、L “SA Ⅲ” に標準装備]

歩行者や前方の車に対して、衝突の危険がある場合に、ブザー音やブレーキアシストを自動でしてくれます。

車線逸脱警報機能と誤発進抑制制御機能も搭載されています。
脇見運転からの車線のはみ出しや、コンビニなどの駐車場でのご発信を制御してくれるので、うっかり事故を少なくしてくれるので、現在では特に高齢者の方には必須の安全性能になっているでしょう。

先行者発進お知らせ機能やオートハイビームも付いているので、運転に集中できていないときには助かる機能です。

SOFI 乗員にやさしい安全インテリア

全グレードに標準装備となっているエアバッグです。

運転席や助手席だけではなく、サイドエアバッグも付いているので、後部座席に座った人の安全にも優しくなっています。
シートベルトは衝撃を減らすためのフォースリミッター機構を採用。
全席、シートベルトの警告を警告灯と警告音でお知らせしてくれます。

TAF 進化した衝突安全ボディ

世界基準の厳しい衝突試験をクリアしているボディを採用しています。
歩行者にも考慮して、歩行者障害軽減ボディになっているので、万が一の対人事故でも被害を最小限に食い止めてくれます。

ACTIVE SAFETY アクシデントを未然に防ぐ安全性能

急な横滑りや急ブレーキ時の車輪ロックを回避してくれる。「VSC & TRC」や「ABS」も搭載しています。
車が制御不能になりづらくなっていますので安心して運転できるでしょう。

また、坂道発進を補助してくれるヒルホールドシステムや急ブレーキ時に後ろにハザードを点灯してお知らせするエマージェンシーストップシグナルも搭載しています。

ミラ トコットの走行性能は?

ミラトコットは、女性が運転しやすい車をコンセプトに作っています。
ですので、女性に優しい車になっているので女性でも安心して運転できるでしょう。

運転するときにいちばん重要な、前後左右の視野も死角が少なく見渡せるような設計になっています。
狭い道や駐車場でのバックのときにも周囲を見渡しやすくなっています。

エンジンは、軽自動車でターボが付いているグレードも用意されていないので、実際に乗った人のレビューでは「パワー不足」を感じている人が多いでしょう。
しかし、女性が街乗りや買い物程度で使用するくらいでしたら、パワー不足を感じることは少ないのではないでしょうか。
坂道が多い地域に住んでいる人は一度試乗してみたほうが良いでしょう。

ミラ トコットのカタログ燃費や実燃費は?

ミラトコット 燃費

ミラ トコットのカラログ燃費は27.0~29.8km/Lとなっています。
4WDの方が燃費は悪くなっています。

ダイハツ車で比較するとミライースはカタログ燃費は32.3~35.2km/Lとなっているので、約5km/Lは燃費が負けてしまっています。

ミラトコットの実燃費は、2018年5月に発売されたばかりなので、現在ではデータがないので実燃費はわかりません。

ミライースの実燃費が約23km/Lとなっていて、カタログ燃費の約70%くらいは期待できるでしょう。
ですので、ミラトコットの実燃費は約20km/L前後となるのが予想できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です