2018年の大雪でスタックした人にオススメのオールシーズンタイヤとは?

オールシーズンタイヤ

雪国では、秋の終わりごろからスタッドレスタイヤに履き替えるのが当たり前のことです。

関東地方のあまり雪がふらない地域に住んでいる人でも、頻繁にスキー場などに通う人はスタッドレスタイヤを履いていることでしょう。

しかし、あまり雪がふらない地域に住んでいる場合には、スタッドレスタイヤを購入するほどのことではないという人も多いでしょう。
タイヤチェーンをきちんと用意しておけば、急に雪が降ったときにでも対応することはできますが、タイヤチェーンを付けることが面倒な人や女性だと付けるのが苦手な人もいるかと思います。

そんな人向けにオススメのタイヤがオールシーズンタイヤです。

オールシーズンタイヤは、スタッドレスタイヤに比べると雪がない(少ない)道でもタイヤの消耗が少なくなっています。
雪がほとんど降らない地域でスタッドレスタイヤを履いていると、無駄にタイヤの溝を減らすことになりますし、燃費にも影響してくるでしょう。
そういった人には、オールシーズンタイヤがオススメです。

タイヤ規制の高速道路でも通行可能なオールシーズンタイヤ!

オールシーズンタイヤと聞くと、無難なタイヤというイメージがあるでしょう。

そして、スタッドレスタイヤよりも性能が低くて信頼性が低いものだというイメージを持っている人も多いかと思います。

しかし、グッドイヤーの『ベクター4シーズンズ・ハイブリッド』は、チェーン規制でも通行することができる「SNOW(スノーマーク)」を取得していますので、スタッドレスタイヤとかなり近い性能があることが認められています。

しかし、アイスバーンなどには対応しきれない部分があるようなので、過信しすぎることはヤメておいたほうが良いでしょう。

ですので、雪山には行かないけど、2018年のように雪が多い年には最適なタイヤになるでしょう。

オールシーズンタイヤは、東京のような地域には最適!

オールシーズンタイヤは、東京などの雪がたまに降ってしまう地域の方には最適でしょう。

グッドイヤーの『ベクター4シーズンズ・ハイブリッド』は、雪道での性能はもちろんですが、乾燥した道路でもノーマルタイヤのような性能を発揮してくれるので、雪があまり振らない地域ん住んでいる方向けのタイヤと言えます。

スタッドレスタイヤのデメリットといえば、雪が降っていないときの燃費の悪さでしょう。

スタッドレスタイヤは、滑りやすい雪でも地面をつかむタイヤになっています。
当然、雪だけではなく、乾燥した道路でも地面を掴みますので燃費が悪くなってしまいます。

常にタイヤ抵抗がある状態ですので、燃費が悪くなるのは仕方がないことです。

しかし、オールシーズンタイヤはノーマルタイヤと同じくらいの性能も持っていますので、スタッドレスタイヤのようにガッチリと地面をつかむようなタイヤではありませんので、走りにも影響が少なくなっています。

ですので、スタッドレスタイヤを履くほどではないという人には、冬になる前にオールシーズンタイヤに履き替えると良いでしょう。
急な寒波で雪が降っても、タイヤチェーンを巻くという面倒なことはやらなくても良くなります!

まとめ

オールシーズンタイヤは、雪があまり振らない地域に住んでいる人の予防対策と言って良いでしょう。

雪が降ったらタイヤチェーンを巻く!という人はオールシーズンタイヤはいらないでしょう。

しかし、タイヤチェーンを巻くのが面倒という人には、スタッドレスタイヤよりもオールシーズンタイヤを履いていたほうがよいかと思います。

毎日、雪道を走らなければいけないような地域でしたらスタッドレスタイヤを買って下さい!
そうじゃなければ、オールシーズンタイヤでも十分の性能を感じることができるでしょう!

オールシーズンタイヤの方でも、タイヤチェーンは準備しておくほうがよいかと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です