雪道に強いスタッドレスタイヤを選ぶなら人気が高いメーカーを選べ! ブリジストンのブリザックが最強!?

ブリジストンの「BLIZZAK(ブリザック)VRX2」

スノーボードが大好きな管理人からすると、毎年、雪が降る時期にあるとワクワクしています。

「雪かきが面倒だから雪はあまり振らないでほしい。」という人も多いでしょうが、逆に管理人はテンションが上ってしまいます(笑)。

しかし、ツルツルのアイスバーンを走る時には誰もが少なからず、気をつけながら運転することでしょう。

雪道を走る上で、いちばん重要なのが、急がつく運転をしないということです。
急発進・急停車・急ハンドルなどでしょう。

雪道でも高速道路でしたら、100km以上出しても普通に走れちゃいますよね。
しかし、ちょっと急な坂道がアイスバーンだった時には、20kmくらいでもズルズル滑るときだってあります。

ですので、雪道を走る上で重要なことは、「自分の車の性能と道の状況でどれくらい滑るのかということを把握する。」ことでしょう。

最近の車だと、4WDの性能も上がっていますし、自動制御するシステムが付いている4WDもありますので、普通に走る分には滑って事故をおこすことは無いと思っています。

しかし、タイヤは絶対に性能が良いタイヤを履いていたほうが良いでしょう。

そこで、オススメのタイヤを紹介したいと思います。

スタッドレスタイヤを選ぶならブリジストンの「BLIZZAK(ブリザック)VRX2」

ブリジストンは日本でNo.1と言っても良いタイヤメーカーです。

そんなブリジストンが、2017年の9月に4年ぶりに新型スタッドレスタイヤを販売しました。

綾瀬はるかさんのCMをTVでもよく見かけているかと思いますが、「BLIZZAK(ブリザック)VRX2」です。

性能はお墨付きで、急発進や急ブレーキをしたとしてもほとんど滑らないという性能を出しているようです。

発進する時には、低速でも意外と滑りやすいですが、VRX2だと急発進しても滑らずスピードが上がっていくグリップ力があります。

グリップ力が高いので、制動も以前のモデルよりも短くなっていますし、コーナーでも安定感がある走りをしてくれます。

高性能ですが、めちゃくちゃ値段が高いというわけではありませんので、安全のための投資だと思えば購入できる金額でしょう!

ブリジストンの装着率は16年連続No.1(2017年現在)

スタッドレスタイヤといえば、ブリジストンというのは雪国に住んでいる人たちには当たり前という感じです。

しかし、安いスタッドレスタイヤと比べると、多少割高になってしまうため、値段で安いスタッドレスタイヤを選んでいる人もいます。

しかし、北国でスタッドレスタイヤを使用している割合は、ブリジストンがNo.1です。

そして、北海道の札幌では、タクシーへの装着率が73%という雪国の車のプロが選んでいるメーカーのタイヤです。

ブリザックは日本を代表するスタッドレスタイヤだ。ブリヂストンタイヤジャパンが第三者の調査会社に委託して実施した調査によると、ブリザックは札幌、旭川、青森、盛岡、秋田の北海道・北東北の5都市で一般ドライバーの装着率が45%で、2017年まで16年連続の1位。札幌市ではタクシーへの装着率が73%と高く、数年に一度の新型ブリザックの登場は雪国のドライバーの注目を集める。

豪雪地帯のタクシー会社が選んでいるメーカーがブリジストンなので、どこのタイヤを購入しようか悩んでいるならブリジストン一択でしょう!

特に、運転に自信がない人は、高性能なブリジストンのタイヤを装着して安全に走るようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です