ハイブリッド車を購入するメリットってあるの?

電気自動車スタンド

ガソリン車とハイブリッド車の違いって燃費だけだと思っていませんか?
そもそも、ガソリン車とハイブリッド車のガソリン代を比較してみたことはあるでしょうか?

先に結論から話すと、ガソリン車とハイブリッド車の車体価格差を考慮すると、10万km走ってトントンくらいだそうです。(リッター150円計算)
ガソリン代が上がれば、もう少し距離数は短くなるでしょうが、大きな変化はないと思われます。安くなればもっと走らなければいけませんね。

車を乗りつぶすと言っても、10万kmを目安に乗り換える人も多いと思いますので、そう考えると、メリットはあまりないのかもしれません。

ガソリン代は安くても、消耗品が高い

ハイブリッド車はガソリン代は安いです。 しかし、消耗品が高いと言われています。
バッテリー代やオイル代などが高いと言われていますが、一番高いのは、新車購入時の差額です。
約40万円前後の価格差があります。

中古として売るときに比較したら、ハイブリッド車のほうが高く売れるでしょう。 しかし、トータルで考えるとガソリン車でいいような気もします。

色々な口コミサイトを見たところ、ガソリン代などの細かい計算をしている人によると、やはり10万kmというところがトントンの目安です。

ハイブリッド車はパワーがないということや高速を走るのには向いていないなど、細かいところが気になるところです。 ハイブリッド車を買う人は、そもそもこんな細かいことを気にしないようですが…。

「俺(私)は、元取れるか気になる…。」 という人は、ガソリン車にしたほうが無難かもしれませんね。

それに軽自動車のほうが維持費は安いですし燃費も良いので、本当に維持費の事を考えるのでしたら、軽自動車が一番だと思います。

買うなら勢いで買っちゃいましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です