中古車買うときに騙されないようにするには?

中古車 トラブル

中古車のトラブルで一番気をつけなければいけないことが、「言った。言わない。やる。やらない。」です。

  • 「初めは保障は1年間付けると言ってた。」
  • 「整備されていなかった。」
  • 「納車前に事故を起こしたのを隠した。」

などなど、言い出したらキリがありません。

もっというと、「オークションで詐欺に合った」という人もいるぐらいです。 お金を払ったら、連絡が取れなくなったという・・・。
高額な買い物になりますので、詐欺や整備不良に合わないためにもしっかりと確認しましょう。

中古車の売買は現車の確認厳守

基本的に中古車を買うなら、現車を確認しなければいけません。

確認できないなら購入しないことです。 それでも買いたいと思うのでしたら、『整備不良』や『見えなかった傷』などが合ったとしても文句をいうことは出来ません。

そもそも、中古車を専門で売買しているお店で購入してもトラブルが発生します。(もちろん業者によりますが)
お店で減車を確認、実写してもトラブルになるのです。

管理人的には、現車を見なくて買う人のほうが悪いという見方もできると思います。

中古車は新車に比べると確かに安いとは思います。 悪い車を売るお店や個人の人のほうが少ないでしょう。

ですが、悪い人はいます。悪い人はいなくならないでしょう。
だから自分で対処すべきなのです。

ダマされないためにも情報は入手しておく

『どうしてダマされると思いますか?』

「業者が儲けるためにダマそうとするからでしょう!」 と答えたあなた。

自己防衛力を付けましょう。

確かに、だます人のほうが100%悪いとは思います。
しかし、ネットである程度の口コミ情報などが集められる以上、これから購入を検討している時点で、口コミを確認しておくべきなのです。

「車なんて安いからいいよ。」っていう人は、新車を買いますよね?

そもそも、お金の節約だったり、新車を買えないから中古車を買う人がほとんどでしょう。

ということは、車は大金です。 家や生命保険の次に大金ではないでしょうか?

だったら慎重にやるべきです。
たとえローンといえど、高額な支払いをするのはあなたです。 購入を決める前までに、きちんと納得できるようにして下さいね!

誰も助けてくれませんからね!

何事も文書にしてもらえれば最強!

「あの時はこのように言ってたでしょ!」 と業者と言い合いをしても、意味がありません。

まともな業者なら、事前に説明を受けますし、チェック項目まで明らかにしてくれる業者もあるぐらいです。
悪い業者は、「そんなことは言ってない!」の一点張りです。 相手が諦めることまで。
まあ、業者が忘れてしまった場合もあるでしょうが、その時は誠心誠意の対応をしてくれるのが普通です。

口で言ってもしょうがないなら、文書にしてもらうしかありません。 警察に頼っても、”民事不介入”という伝家の宝刀が出てくるだけですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です