車を値引きする秘訣とは? 不人気車でも現行モデルでも値引きに差はない?!

不人気車は値引きできる

車を購入するときには、値引きするのが当たり前という感じになっていますよね。

値引きしやすい車があるという話を聞いたことがあるかと思います。
「不人気車だと値引きの割合が大きい!」ということも聞いたことがあるかもしれませんが、基本的に人気車でも不人気車でも値引き価格に差はないと考えておいたほうが良いでしょう。

基本的には、ディーラーで新車の契約をしてから注文することになります。
在庫を抱えている未使用車や中古車で不人気車だと値引きしてくれる可能性は十分あるでしょう。
しかし、新車購入する場合には、人気車不人気車はあまり関係ないと考えておいたほうが良いでしょう。

もし、関係があるとするなら報奨金が関係してくるときでしょう。
ディーラーは、「○○台以上売ったら○○万円の報奨金!」というシステムがあります。
メーカーからたくさん売ってくれたお礼として、報奨金を支払ってくれているのです。
報奨金はかなり大きな金額になるので、タイミングさえ良ければ、大幅値引きも十分可能でしょう。
しかし、ディーラーが「報奨金のノルマがもう少しなので…。」という値引きはしてこないので、報奨金で値引きされたということはあなたは気が付かないでしょう(笑)。

不人気車よりも新型車のほうが値引きされやすい?

実は、新型車のほうが値引きされやすいという話もあります。

理由としては、「新型車の販売 ⇒ メーカーが大量生産 ⇒ ディーラーに割り当てられる ⇒ 売れ残らないように値引きする」
といったことがあるようです。
要するに、メーカーから無理やり売ってと言われて在庫を抱えてしまっているので、出来るだけ早く売りたいと考えると値引きするしかなくなるということです。
新型車なので人気があるとは言え、ボディカラーによっては売れにくいカラーもあるでしょうし、思ったより人気が出ないということもあります。
ですので、在庫を抱えそうな車が値引きされやすいと言うことです。

不人気車は受注生産だから値引きされない?!

あまり人気がない車の場合、ディーラーから注文が入ってから作る「受注生産」になっていることがあります。

ディーラーもメーカーも在庫を抱えていませんから、特に値引きすることが無いというわけです。

受注生産になっている車は、ディーラーもメーカーも在庫を抱えるリスクがないため、値引きがされにくいと言われていますね。

値引きするなら店頭に並んでいる在庫車

特にオプションなどにこだわりがないという場合には、在庫として店頭に並べてある車を値引き交渉するのが一番値引率が高くなるでしょう。

試乗車や店頭でお客さんが乗ったり触ったりできるように置いている車も安く購入できるので人気が高いです。

新車で店頭の置かれている場合でも、色んな人が触っている車なので、新古車として販売されるため安く購入することができます。

ディーラーにいくほとんどの人が、新車を注文するので、店頭に並んでいる試乗用の車や閲覧用の車を購入できないのか交渉してみるのも、大幅値引きが期待できる方法の一つですね。
ディーラーさんに聞いて、購入できるのか聞いてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です