車を長持ちさせる秘訣はなに?! いちばん重要なのはエンジンオイルの定期的な交換…

エンジンオイル 汚い

自動車だけではなく、エンジンが付いているものは全てオイル交換が重要になります。

オイル交換をしないと、エンジンの内部でオイルがどろどろになって硬くなってしまいます。
その結果、狭い隙間などにはエンジンオイルが硬くなりすぎて通らなくなり、エンジンが壊れる原因になってしまいます。

オイル交換をしていないエンジンがどうなっているのかということを見てみると、エンジンオイルの交換の重要性がわかると思いますので、動画をご覧ください。

下記の動画は、3万km以上オイル交換をしていないエンジンの内部です。

 

下記の動画は、13万kmオイル交換をしなかったというエンジン内部の動画です。

 

動画をご覧いただけたらわかりますが、ドロドロでエンジン内部が最悪の状態になっています。

オイル交換はもちろんですが、オイルフィルターの交換も行わなければ、オイルをキレイにすることができなくなるため、エンジンへのダメージが大きくなってしまうでしょう。

エンジンオイルはどれくらいで交換するの?

エンジンオイルの交換時期は、乗っている車によって変わってきます。

一般的に言われているのが、「5,000km もしくは6ヶ月に1回。」と聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

しかし、エンジンオイルの性能が向上したことによって、1万kmや2万kmで交換という車もあります。

ですので、購入時に、あなたの車のオイル交換時期をきちんと教えてもらうのが重要です。
もしわからないという人は、最低でも「1万km もしくは1年に1回」は交換するようにしましょう。

新車で購入する人は、オイル交換や定期点検整備を行ってくれるメンテナンスパックなどに加入することで、オイル交換時期や定期点検整備をはがきで知らせてくれるので、車に詳しくない人やオイル交換の時期を覚えきれないという人は、メンテナンスパック(各メーカーによって呼び方は違う)に入っておきましょう。

ちなみに、トヨタのメンテナンスパックに加入すると、半年ごとにオイル交換、1年毎にオイルフィルターの交換も行ってくれるので、エンジンオイルのメンテナンスはバッチリです。
他にも12ヶ月点検もありますので、車の故障にも早く気がつくことができるでしょう。

まとめ

オイル交換は、できれば半年に1回は行うようにしましょう。

半年で1万km以上走っている人は、最低でも1万kmでオイル交換をするようにしたほうが良いでしょう。

走れば走るほどオイルは汚れます。

オイル交換の時期や走行距離は、人によって意見が様々あります。
個人的には、5000km(半年)、最低でも1万km(1年)で交換しておいたほうが無難だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です