車中泊できる軽自動車って何? やろうと思えば、どの車でも車中泊はできる!

車中泊しやすい軽自動車とは?

アウトドアが大好きな人は、泊まりで遊びに行きたい人も多いでしょう。
車中泊をして、旅費を節約することで、遊ぶ費用を捻出したり節約したりすれば、遊ぶ回数も増やせるので車中泊したいという人は増えてきているように感じます。

軽自動車でしたら、維持費も安いので、軽自動車で車中泊できる車を探している人も少なくありません。

車中泊しやすい軽自動車もありますが、基本的には軽トラでも車中泊しようと思えばできます。
荷台に屋根とか壁をDIYしないといけなくなりますが(笑)。

基本的には、車中泊はどんな車でもできますが、車中泊も視野に入れている軽自動車を選ぶのが無難でしょう。

車中泊できる軽自動車

車中泊を意識して作られている車をいくつか紹介します。

軽トールワゴンの中では、N BOX+とウェイクのどちらかを選ぶことになるでしょう。
N BOX+は生産中止とのことなので、中古市場で探すことになるかと思いますが、ウェイクは街中でもよく見かける車ですので、中古市場でも新車市場でも見かける車ですね。

軽トールワゴンの良いところは、普段使いとしても使いやすいのが特徴です。

アウトドア専用の車として購入するなら、軽ワゴンが一番使い勝手が良いかと思いますが、普段も使用するのでしたら、軽トールワゴンのほうが良いかもしれません。

HONDA N BOX+

N BOX+は、車中泊をするために作られている車です。

前の席を倒せばフルフラットにもなりますが、一番の特徴は、リアが真っ平らになることでしょう。
専用のボードが備え付けられているので、シートのボコボコがなく寝やすくなっています。

N BOX+

ダイハツ ウェイク

ウェイクもN BOX+と同じで、アウトドアを意識されて作られている車です。

車中泊しやすいように、フルフラットになりますし、専用のマットもメーカーが販売していますので、車中泊することも考えられて作られています。

トールワゴンなので、普段使いとしても使いやすいのが良いですね。

ダイハツ ウェイク

ダイハツ アトレーワゴン

アトレーワゴンは、軽ワゴンなので荷室が広く、ベッドを作ることも可能です。

フルフラットもやりやすいので、細かいことを考えるのが面倒な人は、アトレーワゴンが使い勝手が良いでしょう!

ダイハツ アトレーワゴン

スズキ エブリイワゴン

アトレーワゴンと同様で、荷室が広いので、ベッドや布団を起きやすいですし、アウトドアに必要な荷物もたくさん積むことができます。

エブリイワゴンは、軽ワゴンの中では安全設備が一番充実しているので、2018年1月現在では、軽ワゴンの中で頭一つ抜け出しているという印象です。

ハイルーフタイプでしたら、上部にも余裕ができるため、荷物の積載量も増やすことができるでしょう!

スズキ エブリイワゴン

まとめ

ここでは、4車種紹介しました。

どこでも車中泊しやすいと言われている定番の人気の軽自動車になっています。

車中泊するとなると、車内の広さが一番の重要なポイントになりますので、軽自動車の中から選ぶとなると、軽ワゴンが一番人気になってしまうかと思います。

しかし、見た目や雪道の走行性能を考えたりすると、軽ワゴンでは満足できない人もいるため、軽トールワゴンにも人気が出てくるでしょう。

軽自動車でも、ジムニーのような狭い車で車中泊する人はたくさんいます。

狭くても、一人くらいなら寝れるスペースはいくらでも確保できるものです。

多少のDIYなどは必要ですが、快適に眠る方法はいくらでもありますし、色んな人がブログなどでも紹介してくれています。

快適さを選ぶなら軽ワゴンが一番快適でしょうが、普段使いの車としても利用するなら、「どうやって簡単に車中泊仕様にするか?」という点を考えて、寝やすい環境を作る工夫をすると良いでしょう。

どの車でも車中泊はできるので、車の見た目や性能、価格、車中泊の頻度によって色々と考えてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です