未使用車は何で安いの? 未使用車のメリットとデメリットとは?

車の広告やカーセンサーなどを眺めていると、未使用車と書かれた車がたくさん出てくるでしょう。

よくよく見てみると、走行距離は10km未満なのに車検がついていたりします。

この未使用車と言われている車は、新車を登録しただけの状態の車を言います。

少し前までは、未使用車という言葉ではなく、新古車という名前で販売されていました。
しかし、車業界では新古車というと新車と間違えることもあるので、店頭や広告で新古車という言葉は使わなくなったようです。

要するに、販売店が購入してオーナーになっているけど、一度も走っていない車ということですね。

なぜ未使用車が出てくるのか?

未使用車というのは、販売店やディーラーがノルマ達成のためや報奨金をもらうために、自社で新車登録してしまうために未使用車ができてしまいます。

「今月末までに〇〇を10台売ったら報奨金が〇〇万円!」という報奨金があるとします。
あと1台2台くらい売れば報奨金がもらえるとなった時に、自社で新車登録してしまえば、報奨金をもらうことができますよね?
未使用車で新車価格よりも多少安くなったとしても、報奨金をもらったほうが得するのでしたら新車登録してしまおうということなのです。

車が登録されなければ、販売台数を達成したとならないので、とにかく登録してしまうのです。

ですので、車自体に何か問題があったから未使用車として販売しているというわけではありません。

中古車はイヤだけど、新車に安く乗りたいと考えているなら、未使用車を探してもるのも良いでしょう!

未使用車のメリットとは?

未使用車のメリットは、いくつかあります。

  • 値引きされた新車よりも安く買える
  • 重量税は支払っているので3年分払わなくて良い
  • 自動車取得税も安くなる
  • 自賠責保険もついている(未経過分を請求されることもある)

簡単にまとめると、新車を購入するよりも安く購入できるということです。

値引きされた新車よりも安く買える

当然、未使用車は早く売りたいと考えていますので、新車よりも価格差をつけて安く売りたいでしょう。

しかし、新車の値引きした金額と未使用車の値段は比べたほうが良いので、未使用車を販売しているお店と違うお店に新車の値引きできた見積もりを比べたほうが安心です。

基本的には、新車と同じ値段で売られるということはほぼ無いと考えてもいいかと思います。

重量税は支払っているので3年分払わなくて良い

重量税は新車登録時に支払うものなので、すでに支払われています。
しかし、未使用車の値段に加算されていないとは言い切れないので、注意は必要です。

自動車取得税も安くなる

自動車取得税も、減価償却分減額された課税となりますので安くなります。

自賠責保険もついている

自賠責保険も付いていますが、未経過分を請求してくる販売店もありますので、その際には交渉してみましょう。

未使用車のデメリットとは?

<
ul>
  • 車検が登録時から3年なので少し短くなる
  • メーカーオプションが変更できない
  • ディーラーオプションは付いていないことが多い
  • ワンオーナー車ではなくなる
  • 車検が登録時から3年なので少し短くなる

    車検は、カーセンサーなどを見てもらえればわかりますが、新車と同等なのに車検が3年ついていることはありません。
    未使用車にした車は、すぐに販売するのではなく数ヶ月寝かされるようなので、車検が短くなってしまいます。
    数カ月寝かせる理由は、新車を購入する人と差別化するためだと言われています。
    その分、車体価格が安くなれば御の字だと思いますが…。

    メーカーオプションが変更できない

    メーカーオプションは、変更できなくなってしまいます。
    車は新車で購入する時にメーカーオプションやディーラーオプションをつけるでしょう。
    ディーラーオプションは、基本的には後付なので(ナビなど)未使用車でも関係なくつけることはできるのですが、メーカーオプションは作る段階で設計されているものなので、変更することはできなくなってしまいます。

    サンルーフや両側パワースライドドア、ボディ色、ABSなどはメーカーオプションのため後付はできません。
    後付けしたいと考えても、車体の構造が変わってしまうため、極端な話ボディを切ったりしなければいけなくなってしまいます。
    ですので、メーカーオプションは新車登録時のままになってしまいます。

    両側パワースライドドアなどは、ミニバンを購入したくてお子さんがいる家庭ではあったほうが楽なので、未使用車のメーカーオプションの部分を確認するようにしましょう。

    ワンオーナー車ではなくなる

    未使用車は、販売店で登録済みのため、あなたが購入したとしたら2人目の購入者になります。

    ディーラー保証などを2次保証欄というものがありますので、保証は継承されます。(詳しくは販売店で確認しましょう。)

    ワンオーナー車ではなくなるデメリットとしては、車を売る時に査定価格が下がると言われていますが、大幅な値下げはないでしょうし、買取店の営業の方に、未使用車を購入したと伝えれば理解してくれるでしょう。
    ですので、そこまで大きなデメリットではないでしょう。

    まとめ

    管理人的には、未使用車はメリットしかないと考えています。

    そもそも車は新車で購入するものではないと管理人は考えていますので、新車を購入するよりは未使用車を購入したほうが良いと考えています。

    当然、デメリットもありますが、販売店によっては、重要視されているメーカーオプション(両側パワースライドドアなど)をつけてくれている未使用車はたくさんあります。

    注意点は、未使用車と新車で購入した値段をきちんと比較するということでしょう。
    販売店によっては、新車価格とあまり変わらない値段で販売することもあるようなので注意して下さい!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です