自動車税の支払いはいつ? クレジットカードOK? 13年って何? 自動車税を詳しく解説!

自動車は、所有しているだけでお金がかかってしまいます。
車を所有している人に毎年請求書が届いてくるのが自動車税です。

友達に個人売買したとしても、名義変更をきちんとしていなければ、あなたへ請求書が届いてきます。
若い頃に管理人は、知り合いにバイクを売ったところ、名義変更をしてもらえなくて2年分くらい支払いました。
何を言おうと、所有者は税金を支払わなければいけませんので、車やバイクを手放す際には十分に注意しましょう。

ここでは、自動車保険について書いています。

  • そもそも自動車税っていくら?
  • 自動車税っていつまでに支払うの?
  • 自動車税はクレジットカードで支払いできる?

などなど、自動車税について詳しく解説していきます。

自動車税について

自動車税は、毎年4月1日時点での自動車の所有者に対してかかる税金です。
車検証に記載されている名前の方へ請求書が届くようになっているので、個人売買をしたときには名義変更には注意しておきましょう。

また、4月前後で車を売るときには、名義変更が遅ければ税金を支払わなければいけなくなることもありますので注意しましょう。
自動車を廃車にする際には、抹消登録をしなければ税金がかかってしまいますので注意しましょう。

自動車税の税額

自動車税は総排気量によって税金が変わっています。
軽自動車が一番安くなっています。
下記の表を参考にして下さい。

総排気量税額
軽自動車10,800円
1リットル以下29,500円
1リットル超~1.5リットル以下34,500円
1.5リットル超~2.0リットル以下39,500円
2.0リットル超~2.5リットル以下45,000円
2.5リットル超~3.0リットル以下51,000円
3.0リットル超~3.5リットル以下58,000円
3.5リットル超~4.0リットル以下66,500円
4.0リットル超~4.5リットル以下76,500円
4.5リットル超~6.0リットル以下88,000円
6.0リットル超111,000円

車に詳しいからなら上記の表を見れば、いろんな車種の税金がある程度想像できるでしょう。

同じ大きさ(クラス)のミニバンでも、ヴォクシー・ノア・セレナなどは2.0リットル以下になるので、税金は39,500円になります。
しかし、現行モデルのステップワゴンは、1.5リットル以下になっていますので、34,500円になります。

同じように、コンパクトカーと言っても、1リットル以下と1リットル超の税金になったりします。
大きな金額ではないかもしれませんが、毎年かかるお金ですので、節約を考えるなら総排気量が小さい軽自動車のほうが維持費は安くなります。

軽自動車税について

軽自動車の税金は、上記で説明したとおり、10,800円の税金となっています。
軽自動車は、全て660ccとなっているので、一律10,800円です。

軽自動車はセカンドカーとして人気が高いです。
維持費が安いということと、誰にでも運転しやすい小さい車なので、女性でも運転しやすくなっていることがあるからでしょう。

自動車税の月割税額表とは?

自動車税は、購入時期によってかかる税金が多少安くなります。

3月に購入した人は満額税金を支払わなければいけませんが、2月に購入した場合には約1/12の税金になります。

ですので、車を購入した初年度には税金が安くなっていることがあります。
翌年以降は、満額の税金がかかってしまいます。
ディーラーさんから説明があるかと思いますが、説明漏れもあるかもしれませんので、税金はきちんと把握しておきましょう。

自動車税・軽自動車税の早見表(13年経過後)

自動車税は、新車登録から13年経過してしまうと、自動車税と重量税が増税されてしまいます。

自動車税は、約15%アップ。重量税は、約40%アップされてしまいます。
あなたの車が13年近く乗っていて乗り換えを検討しているのでしたら、税金のことを考えると早めに乗り換えたほうが良いのかもしれません。

下記は、自動車税が増額した税金を紹介しています。

総排気量税額13年経過
軽自動車10,800円12,900円
1リットル以下29,500円33,900円
1リットル超~1.5リットル以下34,500円39,600円
1.5リットル超~2.0リットル以下39,500円45,400円
2.0リットル超~2.5リットル以下45,000円51,700円
2.5リットル超~3.0リットル以下51,000円58,600円
3.0リットル超~3.5リットル以下58,000円66,700円
3.5リットル超~4.0リットル以下66,500円76,400円
4.0リットル超~4.5リットル以下76,500円87,900円
4.5リットル超~6.0リットル以下88,000円101,200円
6.0リットル超111,000円127,600円

軽自動車の増税率は約19%で、他の増税率は約15%となっています。

重量税は、軽自動車が約21%増。普通車は約40%増となっています。

自動車税をクレジットカードで支払う

「自動車税ってクレジットカードで払えるの?」
と疑問を持ったことがある人も多いでしょう。

自動車税は、軽自動車でも1万円以上の高額になっているので、クレジットカードで支払うことで、ポイントやマイルを貯めたいと考える人は多いのが一般的です。

自治体によっても支払い方法は変わってきますが、自動車税をクレジットカードで支払うことはできます。

管理人が住んでいる青森県では、「Yahoo!公金支払い」を利用して支払うことができるようになっています。
しかし、注意しなければいけないのが手数料がかかってしまうということです。

多くの自治体で、1台分の自動車税を支払うために324円の決済手数料が取られてしまいます。

軽自動車税だと10,800円なので、ポイントが1%ついたとしても手数料分赤字になってしまいます。
現金がないという人はクレジットカードで支払うことでしのげるでしょうが、現金で支払ったほうがお得になる人も多いので注意しましょう。

車検切れの車(廃車)の自動車税は払わないよ?

車検切れの車でも、あなたが乗っていない車でも、自宅に保管してあるだけの車でも、抹消登録を行っていない車には税金がかかってしまいます

車検切れや廃車にして車に乗らなくなったとしても、車を所有しているという登録を消さないと税金がかかってしまいます。
4月1日までに抹消登録をしておかなければ、税金を支払わなければいけなくなってしまいます。
車の処分や廃車を考えている人、個人売買でも名義変更や抹消登録だけはきちんとやっておかないと、無駄な出費になってしまいますので注意しましょう!

自動車税の還付について

自動車税は、新年度(年度初め)に車を所有している人にかかる税金です。
2018年の4月1日に所有している車に対して、支払う税金は2018年度の1年分の税金になっています。

1年分支払っているのに、半年後の10月1日に廃車(永久抹消登録)や一時抹消登録をした場合には自動車税を還付してもらうことができます。
半年分なので、支払った自動車税の半分が戻ってくることになっています。

ちなみに、ディーラーに下取りしてもらったり、買取店に売却してしまった場合には自動車税の還付はないと思って下さい。
事故車で修理することができない車を引き取ってもらったときには、抹消登録を行うでしょうから自動車税の還付はしてもらえるでしょう。
しかし、あなたが自動車税の還付のことを忘れていると、下取りや廃車にしてくれる業者が還付をしてもらうようになるので注意しましょう。

自動車税の還付は、基本的には抹消登録をした時点で還付の手続きもされるようになっています。
あなたが抹消登録を行わない場合には、還付されるかどうかは手続きする業者次第になるので、事前に確認しておくと少しだけでもお金が戻ってくることになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です